この街のおいしい手土産 銀座

家族、親戚、友人、同僚、先輩、上司、取引先…など、相手によって、選ぶ楽しさもあれば、難しさもある手土産。
人気品から隠れた逸品まで、地域ならではの絶品を紹介します。


カツ・ザ・ハミルトン
「銀座プレミアムロースカツサンド」
お酒にも合うジューシーなカツサンド

1人前2000円。ハーフサイズ1000円やフィッシュカツサンドとのハーフ&ハーフも可能

北海道十勝で生産された「かみこみ豚」は、赤身の部分にもサシが入った豚肉で、100頭中5頭ほどの確率でしか出会えない貴重なもの。ロースの芯の部分を使い、完全に火が通る手前の、ほんのりピンク色の状態に揚げている。約2cmもある分厚いロースカツは柔らかくジューシー。クセのない米油で揚げており、冷めても油っぽさがなくさっぱりとした味わいだ。カツとの相性を考えて選んだパンや、2種類のソースをブレンドした特製ソースもおいしさを一層引き立てる。

『カツ・ザ・ハミルトン』の「銀座プレミアムロースカツサンド」のパッケージ
『カツ・ザ・ハミルトン』の外観

テイクアウトの際はロゴ入りのパッケージに入れてくれる

店名カツ・ザ・ハミルトン
住所東京都中央区銀座8-2-15 森ビルディング 1F
電話番号03-3575-5170
お取り寄せ不可
日持ち期間即日
店舗情報https://bimi.jorudan.co.jp/shop/37763/




銀座 空也
「空也もなか」
長年愛され続ける、銀座を代表する和菓子

『銀座 空也』の「空也もなか」

化粧箱入り 10個入り1100円(自宅用箱1000円)~。環境への配慮からあえて個包装は行っていない

明治17年に上野池之端で創業、かつて夏目漱石も贔屓にした和菓子店。戦後、銀座に移転してからも当時からの材料と製法を受け継ぎ、職人の手で丁寧に菓子を作り上げる。数に限りがあるため予約は必須。簡単には入手できない品ゆえ、贈られる側のうれしさもひとしおだ。パリッとした皮の「もなか」は、上品ですっきりとした甘さの粒あんが特徴。時代が変わっても「安い、やさしい、おいしい和菓子」を守り続ける真っすぐな姿勢に、老舗の誇りと心意気を感じる。

『銀座 空也』の外観

乾燥を防ぐため、購入後は箱ごとビニール袋に包み保存を

店名銀座 空也
住所東京都中央区銀座6-7-19
電話番号03-3571-3304
お取り寄せ不可
日持ち期間約1週間(常温保存の場合。冷蔵不可)
店舗情報https://bimi.jorudan.co.jp/shop/13685/




銀座 うち山
「あぶり鯖ずし」
予約が取れない人気店の極上鯖寿司

『銀座 うち山 』の「あぶり鯖ずし」

1本2300円。購入の際は前日までに予約を

銀座を代表する日本料理の名店『うち山』。持ち帰り用に人気の「あぶり鯖ずし」には、最高級のサバとして知られる三浦半島の松輪サバを使用。肉厚でふっくらとした身のサバは脂がよく乗り、素材のよさと丁寧な仕事が伝わるおいしさ。金沢産コシヒカリの酢飯と、間に挟んだ生姜の酢漬けとのバランスも絶妙だ。食べやすいよう一切れずつ切り分けてあるのもうれしい。名物の焼胡麻豆腐や鯛茶漬け、各種お弁当などもテイクアウトできる。

『銀座 うち山』の店内

店名と商品名が入った和紙の紙箱も上品


店名銀座 うち山
住所中央区銀座2-12-3 ライトビルB1
電話番号03- 3541-6720
お取り寄せ不可
日持ち期間購入時から24時間(要冷蔵)
店舗情報https://bimi.jorudan.co.jp/shop/60038/


撮影:大垣善昭
このページのデータは2014年1月30日現在のものです。

更新

エリアから記事を探す

東京都心

東京その他

神奈川

関西・東海

その他

料理ジャンルから探す

利用シーンで探す

美味ごはん記事一覧へ>>