注目の全レストラン10軒をご紹介! 『GEMS(ジェムズ)三軒茶屋』 6/3オープン!

GEMS三軒茶屋メイン

5月の神宮前に続いて、話題の飲食店が集う都市型商業施設『GEMS(ジェムズ)』の8棟目が三軒茶屋にオープンしました。

今までは、都心部やオフィス街が中心でしたが、三軒茶屋は居住者も多いエリア。しかも、小さな子ども連れの家族から学生、地元に長く住んでいる年配の方まで幅広い客層。さまざまな飲食ニーズに応えてくれる10店が揃いました。

どんなお店があるのでしょう。先行して行われた内覧会の様子とともに全店をご紹介します。

肉はもちろん、炭や七輪にまでこだわる極上焼肉

9F
正泰苑 三軒茶屋店
〔三軒茶屋〕

『正泰苑』の「塩上カルビ」

創業以来の人気メニュー「塩上カルビ(特製わさび添え)」(1,700円)。“すりたて”のワサビとともにいただこう

1978年創業、町屋の住宅街に本店を構え、銀座・新橋など東京で6店を展開する人気の炭火焼肉が三軒茶屋に登場。

徹底したこだわりで知られる『正泰苑』。肉の卸業者の仕入れ場に出向き、目利きで仕入れた最高品質のものを使う。石川県珠洲市の「切り出し七輪」とウバメガシの備長炭を使って焼き上げれば、中までしっかり火が通り、表面はパリッとした焼き加減に。

「上もも」1,700円、「しっとり赤身一口ステーキ」1,250円、「炙りレバ」900円などをラインアップ。

最高級の肉の味に負けないのがタレ。昔から受け継がれているタレに、毎日リンゴとレモンを加えることで、フレッシュな味わいも感じられる。

『正泰苑』の「二代目レアステーキ」

軽くレアステーキにした牛もも肉をしっかりと冷やしてから薄切りにする「二代目レアステーキ」(1,000円)。その味はまるでユッケ!

ほかにも、王道「コムタンスープ“王様”」、名物「ユッケジャンスープ」、「炭火焼スジシチュー」などの単品も充実。三茶限定のコースは「スタンダードコース」と「プレミアムコース」の2種。しっかりと堪能したいならコースがおすすめ。

ただ上質なこだわり焼肉というのではなく、モットーは“楽しく美味しく”

店内も遊び心いっぱいで、一見シックなのに、いろいろな仕掛けが楽しい。「工場の秘密基地」をテーマした個室もあり、小さな子ども連れでも安心なスペースも用意。ファミリーでも、接待でも、いろいろなシーンで利用できそう。

『正泰苑』の店内

店内中央のメインテーブルは14人まで利用可能。隠し部屋のような個室もあり。地上9階からは西新宿のビル群まで見渡せる

店舗情報
ショウタイエン サンゲンヂャヤテン
正泰苑 三軒茶屋店
電話をかける
電話番号:03-6453-2939
炭火焼肉
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋9F
●ランチ11:00~14:30(L.O.14:00)、ディナー17:00~23:30(L.O.23:00)/土日祝17:00~23:30(L.O.23:00)
ディナー:5,500円~(ランチ:1,000~1,500円)

旬の鮮魚を使った和の惣菜と日本酒を味わう

8F
産直の魚貝と日本酒・焼酎 和バル 三茶まれ
〔三軒茶屋〕

『和バル 三茶まれ』の「濃厚!! 魚貝の海鮮トマト鍋」

「濃厚!! 魚貝の海鮮トマト鍋」980円。トマトソース、和ダシ、魚貝ダシを合わせているので、旨味が濃厚

ソムリエが選び抜いた約30種の日本酒、約6種の焼酎などをリーズナブルに楽しめる日本酒バル。日本酒は「フルーティー」「さわやか」「しっかり」に分類されていて、日本酒にあまり詳しくない人でも選びやすい。

また、大きな氷塊を入れた桶に瓶ごと入れて冷やす“どぶ漬け”もオススメ。割り材も豊富で、ラムネ、ガラナ、コダマサワー、しそ梅バイスなどが並ぶ様子は、さながら縁日のよう。

料理はイタリアンのシェフが手がけた和の惣菜。日本各地の漁港から届いた新鮮な魚介を使い、イタリアンの技法を用いてオリジナリティーあふれる料理に仕上げる。お通しの「魚貝のタルタルと自家製フォカッチャ」は、なんと食べ放題!

『和バル 三茶まれ』の「本日の鮮魚のオーブン焼き」

表面はカリッと香ばしく、中はふっくら。旨味たっぷりの「本日の鮮魚のオーブン焼き 熱々ガーリックソース」980円

ほかにも、洋風の刺身盛合せ「まれプラッター」、ひつまぶし仕立ての「熟成ローストビーフ丼」、とろりと濃厚な味わいの「濃厚!! 魚貝の海鮮トマト鍋」など、イタリアンのエッセンスを適度にプラス。まさに和食とイタリアンのいいとこ取り。その日の仕入れによってメニューが替わるので、何を食べられるのかは当日のお楽しみ。

店内は清潔感を感じるタイルと温かみあふれる木を組み合わせた、ほっとくつろげる空間。ほどよくこぢんまりとした半個室(6人まで利用可)もあるので、飲み会にもオススメ。

『和バル 三茶まれ』の店内

まあるい提灯のようなランプ、だるまや枡などのディスプレイ、屋台を囲むようなカウンター席…。大人の遊び場といった印象

店舗情報
サンチョクノギョカイトニホンシュ ショウチュウ ワバル サンチャマレ
産直の魚貝と日本酒・焼酎 和バル 三茶まれ
電話をかける
電話番号:03-5432-9960 ※ランチは予約不可
日本酒バル/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋8F
●ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンク23:00)/土16:00~23:30(L.O.22:30、ドリンク23:00)
ディナー:3,500円(ランチ:1,000円)

まだ知られていない中国湖南料理の魅力を伝える一軒

7F
香辣里
〔三軒茶屋〕

『香辣里(シャンラーリー)』の「トンハォガンドウフスー」

干豆腐と季節の野菜を炒めた「トンハォガンドウフスー」735円と、燻製豚三枚肉とネギの炒め物「チャーラーロウ」1,080円。滋味深い味わい

日本ではまだ珍しい中国南部・湖南省の郷土料理専門店。手がけたのは、羊肉料理でおなじみ、食通が足繁く通う神田の超人気店『味坊』。

湖南料理は中国の八大料理のひとつでもあり、激辛で知られているがそれだけではない。「発酵中華」「燻製中華」「ハーブ中華」という3つの特徴があり、これらを1つずつ丁寧に伝えていきたいという。

湖南地方の代表的な料理をはじめ、農村部で暮らす人たちの家庭料理まで、現地そのままの美味しさを届けてくれる。

『香辣里(シャンラーリー)』の「香辣里茶」

なんとバーボンを雲南省の紅茶で割って、レモンと干し梅で風味を付けたオリジナルカクテル「香辣里茶」。深い味わいで、辛さを和らげてくれる

「発酵中華」+「ハーブ中華」の代表「香辣魚(臭魚)」は、唐辛子を塩水に1週間漬けて発酵させたものと香菜などのフレッシュな香草を白身魚の上にたっぷりとかけて蒸す。爽やかな辛さが特徴だ。

そのほか、「ぶつ切り鴨の田舎炒め」「燻製豚スネの蒸しもの」「インゲンの漬物の太ビーフン」など、今まで出合った事のない料理がずらり。

アルコールも、紹興酒をコーラで割った「湖南コーラ」や、クラマトトマトジュースベースの酎ハイに特製スパイスを振りかけた「羊香トマトハイ」など個性豊か。

相性のいいワインも充実。ワインセラーやショウケースからセルフで取ってくるスタイルも面白い。

『香辣里(シャンラーリー)』の店内

中国の調度品を配したシンプルな店内。さまざまなデザインのイスがさりげなく置かれている

店舗情報
シャンラーリー
香辣里
電話をかける
電話番号:03-6450-8791
中国湖南料理
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋7F
●17:00~24:00(L.O.23:00、ドリンク23:30)/金17:00~翌3:00(L.O.2:00、ドリンク2:30)/土日祝11:00~翌1:00(L.O.24:00、ドリンク24:30)
ディナー:5,000円

ブランド牛「さつま福永牛」を余すところなく食べ尽くす!

6F
さつま福永牧場直営 牛串 ギュウドウ!
〔三軒茶屋〕

『牛串 ギュウドウ!』の「さつま福永牛の牛串」

「本日一押し! さつま福永牛の牛串」(5本)1,814円。この日はサーロイン、イチボ、ウチモモ、カイノミ、リブロース

数々の受賞歴を誇る鹿児島のブランド黒毛和牛「さつま福永牛」の生産者直営店が東京初上陸。豊かな自然の中でゆったりと育った「さつま福永牛」は、キメ細かな肉質で、とろけるような口当たりと、霜降りでありながらもさっぱりとした味わいが特徴。

さらに専門家のもとで、50日間ドライエイジングすることで、旨味を増加させている。

オススメは希少部位をはじめ、その日にもっとも美味しい部位を選んで盛り合わせた「牛串」。希少部位は数量限定なので早い者勝ち。

もう1つの名物はステーキ。「サーロイン」でも100グラム2,180円からと、ブランド牛の割にはリーズナブルなのが特徴。「福永牛の牛すじ 塩煮込み」「福永牛のミートソース生パスタ」などにも、惜しみなく使う。

『牛串 ギュウドウ!』の「本日の熟成赤身ステーキ」

「本日の熟成赤身ステーキ」(200グラム)3,218円。熟成庫で50日間じっくり熟成させた赤身肉を特製のグリラーで焼き上げた逸品

ほかにも食の宝庫・鹿児島ならではの郷土料理がずらり。「枕崎産ぶえん鰹の刺身」や「薩摩川内くすもと豆腐の冷奴」など、現地さながらのラインアップ。

食事のみのコースは3,800円から、飲み放題付きでも5,000円とお手頃価格だ。

入ってすぐに現れる冷蔵庫には大きな塊肉! 店内の壁には格子状の木枠があり、ふすまの引き手がオブジェとして並ぶ。厨房に面したカウンター席は臨場感たっぷりなので、デートや少人数での食事にオススメ。個室は、親しい人たちとの集まりに利用したい。

『牛串 ギュウドウ!』の店内

活気溢れる厨房を眺めているだけでも楽しい。気軽に相談してみよう

店舗情報
サツマフクナガボクジョウチョクエイ ギュウドウ
さつま福永牧場直営 牛串 ギュウドウ!
電話をかける
電話番号:03-6450-7455
牛串とステーキ/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋6F
●17:00~24:00(L.O.23:00、ドリンク23:30)/土日祝 ランチ11:30~15:00(L.O.14:00)、17:00~24:00(L.O.23:00、ドリンク23:30)
ディナー:5,000円~(ランチ:1,500円~)

京の食材もたっぷり! ふわとろお好み焼き

5F
京のお好み焼 こてつ
〔三軒茶屋〕

『京のお好み焼 こてつ』の「京天焼 豚」

特製スパイスをきかせた「京天焼 豚」890円。シャキシャキのかいわれ大根がたっぷり。新しくて、どこか懐かしい、ほっとする味わい

関西を中心に約40店を展開している、京都生まれのお好み焼き『錦わらい』の新ブランドが登場。既存店のお好み焼き・鉄板焼きをブラッシュアップさせている。

定番の「わらい焼」は、やわらかなオリジナルの麺と、とろっとした半熟卵が絶妙に絡み合い、そこに旨味たっぷりの豚肉をプラス。このふわとろな食感と味わいはクセになる

京天焼」は京都の子どもたちにはおなじみの「おかん特製のおやつ」がベース。外はカリッと、中はふわふわで、かいわれ大根をたっぷりトッピング。スパイスがきいているので、ソースは不要!

ほかにも「京風のお好み焼き」、九条ねぎたっぷりの「定番ねぎ焼き」など、お好み焼きのバリエーションも豊か。

『京のお好み焼 こてつ』の「ねぎやき」

京都産の九条ねぎをたっぷり使った「ねぎ焼き こんちくしょう」(790円)。コンニャク、ちくわ、ショウガ入りで“こんちくしょう”。醤油とソースから選べる

鉄板焼きでは、36時間もコトコトと煮込んだ「錦の牛すじ」を甘口のタレで焼き上げた「牛すじ天国焼き」と、旨辛タレがクセになる「牛すじ地獄焼き」、2種のタレを選べる「牛ホルモンミックスの鉄板焼き」、京都ならではの食材にこだわった「昆布〆熟成京都ぽーく」「九条ねぎとせせりの鉄板焼き」などをラインアップ。

オシャレな提灯やコテが飾られ、シックでモダンな雰囲気の店内。ゆったりと取られたテーブル席がメインで、6人まで利用できる個室も1室あり。宴会や女子会にもオススメだが、家族での食事にぴったり。みんなでワイワイと楽しい時間を過ごしたい。

『京のお好み焼 こてつ』の店内

大きく取られた窓からは、昼は明るい陽光が降り注ぐ。夜は三軒茶屋から渋谷、西新宿方面に広がる夜景を眺めながら、鉄板料理を味わおう

店舗情報
キョウノオコノミヤキ コテツ
京のお好み焼 こてつ
電話をかける
電話番号:03-6453-4631
お好み焼き、鉄板焼き/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋5F
●11:30~15:00(L.O.14:30)、17:30~24:00(L.O.23:15、ドリンク23:30)/土日祝 11:30~24:00(L.O.23:15、ドリンク23:30)
ディナー:3,000円(ランチ:1,500円)

現地で大人気の韓国料理15店のメニューからいいとこ取り!

4F
韓国料理 KollaBo 三軒茶屋店
〔三軒茶屋〕

『韓国料理 KollaBo 三軒茶屋店』の「チーズダッカルビ」

韓国で大人気の『春川名物ダッカルビ』とコラボした「チーズ・ダッカルビ」1人前1,706円(注文は2人前から)。濃厚な旨味の相乗効果がたまらない

韓国の人気15店のメニューを一度に楽しめる贅沢な韓国料理専門店。わざわざ現地に足を運ばなくても、本場と同じ味を堪能できるので、韓国を旅行している気分になれる。

韓国の老舗『ソゴンドン・トゥペギ』の「純豆腐チゲ」、芸能人も通う『プロカンジャンケジャン』の「カンジャンケジャン」、韓国春川で50年以上の歴史を誇る『春川名物ダッカルビ』にチーズをたっぷりと絡ませた「チーズダッカルビ」など、各店が試行錯誤を繰り返して生み出した名物ばかりなので、どれもハズレなし。

なかでも、日本では珍しい「燻製サムギョプサル」は、秘伝のタレで12時間以上漬け込んだポークを燻し、余分な脂を落とした香り高い逸品。

『韓国料理 KollaBo 三軒茶屋店』の「海鮮チヂミ」

「海鮮チヂミ」1,382円。日本でおなじみのチヂミは薄焼きのイメージだが、ここでは厚みがあり具材たっぷりで食べ応え十分!

焼肉は大阪の人気焼肉店『高麗屋』とコラボ。A4・A5ランクの最高級銘柄牛を生産農家から直接仕入れているので、その品質の良さは保証済。シンプルに炭火で焼き上げて、そのものの旨味を噛み締めよう。

ぜひオーダーしたいのは、15店の絶品料理からメインや食事を選べるお得なコース。飲み放題2時間が付いて4,400円からとお手頃。「燻製サムギョプサル」「ダッカルビ」など、どれも食べたくて選べないなら、何度でも訪れよう。

女子会ならパステルカラーがかわいらしい「フルーツカクテル生マッコリ」を!

『韓国料理 KollaBo 三軒茶屋店』の店内

ゆったり座れるテーブル50席、完全個室2室、半個室4室と、バリエーションもさまざま。用途に合わせて使い分けて

店舗情報
カンコクリョウリ コラボ サンゲンヂャヤテン
韓国料理 KollaBo 三軒茶屋店
電話をかける
電話番号:03-5787-8502
韓国料理/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋4F
●ランチ11:30~17:00(L.O.16:30)、ディナー17:00~22:50(L.O.22:10、ドリンク22:20)
ディナー:3,000~4,000円(ランチ:1,000円)

三茶住民が歓喜! 帰ってきた人気の立ち飲みビストロ

3F
富士屋本店グリルバー
〔三軒茶屋〕

『富士屋本店グリルバー』の「本日の鮮魚と花のカルパッチョ」

築地で仕入れた鮮魚を用いる「本日の鮮魚と花のカルパッチョ」1,100円は、思わずため息が出てしまう美しさ。キリッと冷やしたワインとともに

三茶住民が待ちに待っていたあのお店が帰ってきた! 『富士屋本店グリルバー』が建物の老朽化により閉店してから約2年半、なんとスタッフも再集結したというから、その本気度が伝わってくる。

立ち飲み大衆居酒屋として人気の『富士屋本店』だが、この店はビストロスタイル。店内中央のキッチンを囲むスタンディング席のほか、テーブル席、テラス席も備える。

オープンキッチンなのは、臨場感を味わえ、スタッフとの会話もできることのほか、何ひとつ隠さずに見てほしいという自信の表れなのだ。

『富士屋本店グリルバー』の「シャルキュトリー」

人気の「シャルキュトリー」は、単品700円から9種盛2,800円までお好みでチョイス。「パテ・ド・カンパーニュ」「鴨の生ハム」などワインがとまらなくなる!

カウンターの上に書かれたメニューは、前菜からパスタ、自慢の肉料理まで、どれもリーズナブル。なかでも肉料理は「熟成仔羊のグリル」「イベリコ豚アバンコのグリル」などが1,500円以下! そのほか、「サザエとキノコの肝バター焼き」「しらすと青唐辛子のピッツァ」など、今までの人気メニューがブラッシュアップして再登場しているのがうれしい。

もうひとつの主役はワイン。ソムリエがセレクトしたのは、定番からニューワールドまで、本当に美味しいと思った約100種! しかも、どれもリーズナブル。

ひとりでさくっと飲んで帰るもよし、デートで利用するのもよし。三茶ラバーズが注目するお店は早くも満員御礼の予感!?

『富士屋本店グリルバー』の店内

しっかりと厚みのある一枚板カウンターは、高さも丁度よく、意外とラクに長時間過ごせてしまう。テーブル席ならさらにゆったり

店舗情報
フジヤホンテングリルバー
富士屋本店グリルバー
電話をかける
電話番号:03-6450-7322
ビストロ、スタンディングバー/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋3F
●月休(祝の場合営業、翌休)
●17:00~24:00(L.O.22:30、ドリンク23:00)/土日祝16:00~24:00(L.O.22:30、ドリンク23:00)
4,000円

職人が丁寧に焼き上げる焼鳥をブッフェスタイルで味わう

2F
Buffet Monchant閉店
〔三軒茶屋〕

『ブッフェ モンチャン』の「ねぎま」と「ハツ」

噛むごとに旨味があふれ出す「ねぎま」と、ねっとり濃厚な味わいの「ハツ」。本格的な焼鳥を好きなだけ食べられるなんて贅沢!

三軒茶屋で予約の取りづらい焼鳥の店『床島』。丸ごと1羽仕入れた鶏を店内で捌き、店主自らが1本ずつ丁寧に焼き上げる。定番から希少部位まで約30種もの焼鳥が揃うという名店。そんな『床島』の新業態は、これまでと大きく異なる、焼き鳥とブッフェを掛け合わせたレストラン

本店同様に契約農家から直送されるフランス系統の上質な鶏と鴨を使用。職人が炭火でじっくりと焼き上げる。

焼鳥は卓上のタッチパネルで注文するスタイルで、オーダー後から焼き始める。場所柄、ファミリー客も想定されるため、気軽に注文できるようにしたのだとか。

『ブッフェ モンチャン』のスイーツ

パティシエが作るスイーツは、旬のフルーツをふんだんに使った本格派。“甘いものは別腹”の言葉通り、お腹いっぱいでも食べてしまいそう

スイーツ、サラダやスープはセルフで。充実の品揃えなので、何度でも足を運んでしまいそう。

また、プラス1,800円で「アルコールドリンクバー」も用意。ソムリエが選んだワインから生ビール、ハイボール、焼酎まで、好きなだけ楽しもう。

料金は、ディナータイムの場合、110分の時間制限で、おとな平日4,900円・土日祝5,400円、小学生以下は年齢×200円・土日祝年齢×250円、3歳未満は無料、50代は4,500円・土日祝4,900円など、細分化されている。

本店は敷居が高いが、ここなら家族みんなで楽しめる。ぜひ予約をしてから出かけよう。

『ブッフェ モンチャン』の店内

広々としたソファ席、テーブル席は全38席。三軒茶屋のニーズに応えた、新しいスタイルのレストランだ

店舗情報
ブッフェ モンチャン
Buffet Monchant
焼鳥、ブッフェ/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋2F
●ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)、ディナー17:30~23:30(L.O.22:30、ドリンク23:00)/土日祝ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー17:00~23:00(L.O.22:00、ドリンク22:30)
ディナー:5,000~7,000円(ランチ:1,800円)

陽気なアメリカンダイナーで味わうジューシーなハンバーガー

1F
TEN FINGERS BURGER
〔1F〕

テンフィンガーズバーガー

3サイズから選べる「ハンバーガー」。プレミアムバーガーより手頃な価格ながら、ビーフ100%のジューシーなパティ、特製バンズのおいしさは本格的

50年代のアメリカンダイナーをイメージしたハンバーガー専門店。“より多くの人にアメリカンハンバーガーを楽しんでもらいたい”という思いから、3サイズのバーガーをお手頃価格で提供する。

10本の指を使わないと持てないサイズ感の「テンフィンガーズバーガー」、やや小さい「エイトフィンガーズバーガー」、さらに小ぶりな「シックスフィンガーズバーガー」の3サイズを用意。

USアンガス牛100%のパティ、トマトやレタスなどの野菜を、恵比寿『クロスロードベーカリー』の特注バンズでサンド。ソースは5種から選択可、トッピングもチーズやアボカド、パクチーなどをプラスし、自由にカスタマイズできる。

『テンフィンガーズバーガー』の「チキンウイング」

「チキンウィング」は、ハニーBBQ、バッファローオリジナル、ケイジャン、ホッターと4種のフレーバーを用意。ビールとの相性抜群!

サイドメニューは、「チキンウィング」「オニオンフライ」「ポップコーンシュリンプ」など、アメリカンダイナーらしいメニューがずらり。

さらに、デザートには「バナナスプリット」、ドリンクでは「ミルクシェイク」や「クリームソーダー」から、ビールやハイボールなどのアルコールまで充実。

家族での食事も、休日のブランチ、ハンバーガーとビールを味わう大人のディナーなど、さまざまなスタイルで利用できそう。もちろん、テイクアウトもOK。

『テンフィンガーズバーガー』の店内

古き良き時代のアメリカを思わせるダイナー。テーブル席、ソファ席のほか、カウンター席もあるのでひとりでも立ち寄れそう

店舗情報
テンフィンガーズバーガー
TEN FINGERS BURGER
電話をかける
電話番号:03-6805-4510
ハンバーガー/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋1F
●ランチ11:00~(L.O.15:00)、ディナー15:00~23:00(L.O.22:30)
ディナー:2,500円(ランチ:1,000円)

『ミシュランガイド東京』にも選ばれたイタリアンなラーメン店

B1
らぁ麺 ドゥエイタリアン
〔B1〕

『らぁ麺 ドゥエイタリアン』のラーメン

一般的な「チーズ入りラーメン」とはまったく違う味わい。まろやかなコクと、しつこくない旨味が、クセになるメニュー

ラーメン店でありながら、来店客の8割が女性という、メディアでも話題の注目店

黒と白で統一された店内は、シックでスタイリッシュ。広々としたカウンター席、ゆったり座れるテーブル席など、全37席を用意。ラーメン店でありながら、オシャレで落ち着いた空間が、女性にもぴったり。

一番の特徴は、チーズ、トマト、レモン…など、これまでのラーメンでは考えられない、斬新かつ未体験のコラボレーション。元イタリアンのシェフらしい、ここでしか味わうことができない新感覚のラーメンを提供する。

『らぁ麺 ドゥエイタリアン』のリゾット用ご飯

ラーメンを食べ終わった後は「発芽玄米ごはん」をプラス。チーズが溶け出したスープの旨味を残らず食べられる

おすすめのメニューは『ミシュランガイド東京』にも掲載されている「らぁ麺フロマージュ」。鶏ガラベースに昆布やホタテの旨味をたっぷりきかせた黄金色のスープ。丼ぶりのフチにのった生ハムと、トッピングの九条ネギ。そして、中央にぽってりと盛られた特製濃厚クリームチーズ。…そのすべてが合わさることで、未知なるおいしさを味わうことができる。

麺にからむチーズは「カルボナーラ」のようでありながら、あくまでラーメンの味わいをキープ。さらに麺を食べ終わった後には「発芽玄米ごはん」をスープの中に。リゾットとして最後まで楽しめる極上の一杯だ。

『らぁ麺 ドゥエイタリアン』の店内

店内の中央に設置するオープンキッチン。見た目だけでは、とてもラーメン店とは思えないほどスタイリッシュ

店舗情報
ラァメン ドゥエイタリアン
らぁ麺 ドゥエイタリアン
電話をかける
電話番号:03-5787-8073
ラーメン/三軒茶屋
東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋B1
●11:30~(L.O.15:00)、ディナー15:00~24:00(L.O.23:00)
1,000円

三軒茶屋で働いている人、住んでいる人だけでなく、休日に食べ歩きに来る人まで、きっと満足できるお店が揃いました。

10軒とも週末も休まず営業しているので、ぜひ出かけてみてください。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>