フランスのトップショコラティエが日本に初上陸! 『パスカル・ル・ガック東京』赤坂に1/19オープン!

『パスカル・ル・ルガック東京』


世界中のショコラティエに注目されている日本。毎年開催される『サロン・デュ・ショコラ』では世界各国から美味しいショコラが集まり、ショコラを愛してくれる人たちが多い、とショコラティエたちは語ります。

また、日本の美しい自然や個性豊かな食材にも魅了されているのだそう。世界的に著名なフランスのトップショコラティエ、パスカル・ル・ガック氏もそのひとり。日本にもファンの多いショコラティエが満を持して、世界2号店を東京・赤坂にオープンしました。

『パスカル・ル・ガック』のボンボンショコラ


ショコラ好きなら誰もが知るパスカル・ル・ガック氏。かの『ラ・メゾン・ドゥ・ショコラ』からキャリアをスタートさせ、2008年にはパリ郊外に自身の店をオープンフランスのチョコレート愛好家クラブ『C.C.C.』から5年連続で『LES INCONTOOURNABLES(欠かすことのできないショコラティエ)』という最高位を獲得しています。

ルガック氏のショコラはすべて厨房で手作り。そのため、バレンタインなどの催事以外では、フランスの本店を訪れなければ食べることができなかっただけに、凄いニュースなのです。

東京メトロ・溜池山王駅からほど近く。高級感漂うシックなブラウンが印象的な『パスカル・ル・ガック東京』は、本店の外観をそのまま再現した店構え。

パスカル・ル・ルガック東京の外観


大きな窓ガラスの奥に視線を向ければ、宝石のようにまばゆいショコラやガトー、マカロンたちが出迎えてくれます。

『パスカル・ル・ルガック東京』内観


メインの「ボンボンショコラ」は、約25種をラインアップ。一番人気の「ビターガナッシュナチュール」をはじめ、「スパイス」「レモン」「塩ミルクキャラメル」から、「プラリネ 胡麻とレモン」「マンゴーとセージ」「ジャマイカ産コショウ」など、個性豊かなショコラも。

なかでも、「カルバドスとシナモン」や「グランマルニエとオレンジピール」のように、フルーツリキュールの芳醇な風味を感じられる、大人のショコラも魅力的です。

ハートボンボンショコラバニラ
フランボワーズ


口の中でショコラがゆっくりと溶け、フルーツやスパイスなどの華やかな風味が徐々に広がり、緩やかに余韻を残します。一度では終わらない流れのある美味しさは、何度でも楽しみたくなるはず。

ほかにも、本店で大人気の「エクレールショコラ」(600円)や、日本限定の「フォンダンショコラ フランボワーズ」(550円)、

『パスカル・ル・ルガック東京』エクレール
ガトーの数々


贈り物に最適な「マカロン」(各350円)や「ブリュターニュ サブレ」(6枚入1,400円)などを用意。日本で気軽に購入できるとは、うれしい限り!

マカロン各種
ブリュターニュ サブレ


さらに、厨房が見えるサロンも併設。シックで落ち着いた雰囲気が魅力的です。

日本の洋食器メーカー『ノリタケ』とコラボしたオリジナルデザインのテーブルウェアで、本格ショコラをいただくことができます。なんと、カップ&ソーサーはサロンで購入可能。

『パスカル・ル・ルガック東京』サロン
『パスカル・ル・ルガック東京』サロン2


イートインメニューのイチオシは、日本各地から取り寄せた旬のフルーツを、特別に開発した専用のガナッシュと合わせた「チョコレートフォンデュ」(1,500円)。ショコラ専門店ならではの「ショコラショー」(チョコレートドリンク)や、チョコレートと相性のいいコーヒー・紅茶もあるので、お気に入りのショコラとともに、ゆっくりと味わってみては。

チョコレートフォンデュ
ショコラショー


「ボンボンショコラ」は1粒350円と、二度見してしまうほどお手頃。「なんとなく敷居が高くて…」と思っていた人も気軽に購入できます。

せっかく、日本にいながらにして、フランスの一流ショコラを楽しめるのだから、ぜひ出かけてみてください。きっと、ショコラの魔法にかかり、幸せな気分で満たされますよ。

店名パスカル・ル・ガック東京
住所東京都港区赤坂2-12-13
電話番号03-6230-9413
営業時間10:00~20:00
定休日不定休
『ドンク』オフィシャルサイトhttp://www.legac-chocolatier.jp/



※写真(内観・外観):クドウオリジナルフォト

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>