フランス産の「トリュフ」を贅沢に味わう! 『Artisan de la Truffe Paris』
選べるプリフィックスコース!

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

世界三大珍味といえば、「トリュフ」「フォアグラ」「キャビア」。
以前に比べて身近な存在になった気もしますが、まだまだ高価。

それだけに「ガッツリ食べてみたい!」という人もいるのでは。

そんな人におすすめのお店が『東京ミッドタウン』にあります!
店名は『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』。

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

パリに本店を構える人気店が、日本旗艦店として2017年にオープン。
高価な「トリュフ」をお手頃価格でたっぷり味わえる、夢のようなお店です。

メインはもちろん、フランス産の高品質な「トリュフ」をたっぷり使った料理。
そのほかに「トリュフ塩」や「トリュフオイル」、「トリュフ入りチップス」なども販売。

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

日本では不可能なお手頃価格で、しかもカジュアルに「トリュフ」を楽しめるのです!
そこで今回は、リニューアルしたばかりのディナーメニューと共に、お店の詳細をご紹介。

まずはメニューについて。

これまでのコースメニュー主体から、アラカルト主体の選べるプリフィックスコースへ変更。
フランス本国でも人気の「スクランブルエッグ “ブイヤード”トリュフ掛け」、「フレッシュトリュフのチーズリゾット」、「牛頬の赤ワイン煮込み 季節の野菜」など、前菜からデザートまで「トリュフ」を贅沢に堪能できるディナーに生まれ変わりました!

プリフィクスコースは、以下の2種類。
★「ディスカバリーコース」(4,500円+税)
(前菜/パスタ・リゾットなど/デザート)」※メニューより一品ずつ選択
★「アルティザン ディナーコース」(6,500円+税)
(前菜/パスタ・リゾットなど/メインディッシュ/デザート)※メニューより一品ずつ選択

豊富なメニューの中から料理を選べるので、以前よりも満足感の高いコースになっています。

それではお店に入っていきましょう。

エントランスの横に並ぶ「トリュフ塩」「トリュフオイル」「トリュフ入りバルサミコ」「トリュフ入りはちみつ」「サマートリュフ入りバタークリーム」「トリュフ入りマスタード」「トリュフを練りこんだパスタ」「トリュフ入りチップス」…。

すでに「トリュフ」尽くし。もちろん「トリュフ」も、ゴロゴロゴロ。
希少な食材であることを忘れてしまいそうな空間です。

店内は木を基調にしたインテリアで、シンプルかつオシャレな雰囲気。
大きな窓ガラスからは『東京ミッドタウン』の美しいガーデンを眺めることができます。

続いては、「アルティザン ディナーコース」をご紹介。

■「パン

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

Le Pain Quotidien(ルパンコティディアン)』のオーガニックパン。テーブルにある「トリュフ入りオリーブオイル」と「トリュフ入りバルサミコ」を好みでつけていただきます。


■「アミューズ

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』
『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

アミューズ」は、「卵の殻に隠したスクランブルエッグ “ブイヤード”トリュフ掛け」と「竹炭を練り込んでトリュフに見立てたトリュフなマカロン」。
この時点で、すでに「トリュフ」がたっぷり。


■「前菜
パテ・ド・カンパーニュ トリュフマスタードとメスクランサラダ
ホタテのポワレ ~根セロリのクーリとトリュフドレッシング~」(日替わり「季節の前菜」より)

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

パテ・ド・カンパーニュ」の中には「トリュフ」がゴロゴロ。食感もしっかり楽しめます。

ホタテのポワレ」の上には、刻んだ「トリュフ」が山盛り。食べる前から香りがたっぷり。


■「パスタ・リゾットなど
フレッシュトリュフのチーズリゾット
マッシュルームとトリュフのラヴィオリ パルメザンチーズのクリーム

リゾット」ならではの濃厚な味わいが、「トリュフ」の芳醇な香りとマッチする贅沢なひと品。

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

ラヴィオリ」を引き立てる風味豊かなパルメザンチーズのクリームと「トリュフ」の相性は抜群。


■「メインディッシュ
山形県産 米沢豚のロースト」(日替わり「本日の肉料理」より)
真鱈のヴァプール ~ヴァンブラン ソース~」(日替わり「本日の魚料理」より)

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

両方のメニュー共に、目の前で「トリュフ」をスライス。料理にかけてくれます。

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

米沢豚」のしっかりした肉と脂の味わいに負けない「トリュフ」の存在感を十分に堪能できる逸品。

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

真鱈」と「ヴァンブラン ソース」、そして「トリュフ」の味わいがグラデーションで楽しめるひと品。


■「デザート
ベル・エレーヌ トリュフアイスと梨のコンポート
季節のフルーツとソルベを添えたパブロヴァ トリュフハチミツ

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

トリュフ」のしっかり香るアイス。デザートとしても味わえる「トリュフ」に驚くデザート。

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

トリュフハチミツ」の味わいとベリー系のフルーツが、想像以上に相性ぴったりの爽やかなデザート。


いかがでしたか?

フランスの「トリュフ」をたっぷり堪能できるスペシャルなレストランです。
ディナーはもちろん、ランチも営業しているので、ちょっと贅沢な「お昼ごはん」や「ブランチ」としても楽しめますよ。

『Artisan de la Truffe Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』

店名Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)
住所東京都港区赤坂9-7-4 D-0118 東京ミッドタウン ガーデンテラス1階
オフィシャルサイトhttp://artisandelatruffeparis.jp/



このページのデータは2019年1月28日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>