本場・スペインの路地裏感たっぷり! おこげ料理も楽しい有楽町『真夜中の太陽』オープン!

『真夜中の太陽』トップ画像


有楽町駅の改札を出て、東京駅方面へ進むと、線路に沿って謎の路地があります。
昼間はちょっとうす暗いけれど、夜になれば人通りがあって、お店の看板や灯りも見え隠れ。
気になっていた人も多いはず。

ここは『有楽町高架下センター商店会』として20店ほどの飲食店が軒を連ねていた場所。
耐震補強工事が行われ、移転したお店もありますが、昔からの人気店もちらほら。
そんな隠れ家的な場所に、女子でも気軽に入れるスペインバルがオープンしました。

店名は『真夜中の太陽』。
まさしく“真夜中に光る太陽のような存在でありたい”との思いが込められているそう。

タイル貼りの外観に、アーチ型の入り口、大きく開かれたガラス戸・・・。
大通りに面していない高架下というシチュエーションもなんだか、本場っぽい!?

『真夜中の太陽』入り口
『真夜中の太陽』エントランス


店内はテーブル席とキッチンに面したカウンターの全24席とこぢんまり。
高架下とはいえ、天井が高いので圧迫感がなく、居心地はよし。
雰囲気あふれる照明や調度品も、女子好み。
隣のテーブルとの距離は近いけれど、そんな雰囲気もOKなのがスペインバル。

『真夜中の太陽』店内
『真夜中の太陽』カウンター


メニューは40種類ほど。
本場のスペイン料理をベースに、日本人の口に合うようなアレンジを加えたオリジナリティー豊かな内容です。
日本ならではの食材を用いたり、日本人スタッフのアイデアを盛り込んだり…。
他の店では食べられない逸品ばかり。

『真夜中の太陽』メニュー


イチオシは「おこげ料理」。
スペイン料理の定番「パエリア」を、より食感が楽しめるようにひと工夫。
例えば「トロトロ手羽おこげパエリア」。
香ばしく焼き上げたお米の上には、柔らかく煮込んだ後でカラッと素揚げした手羽先をのせて。
バリバリのおこげ、衣サクサク、中しっとりの手羽先と、さまざまな食感を一度に味わえます。
おこげ料理はほかにも「フルーツトマトおこげパエリア」「イカ墨とムール貝のパスタおこげ」などを用意。

『真夜中の太陽』の「トロトロ手羽おこげパエリア」
『真夜中の太陽』の「トロトロ手羽おこげパエリア」ナイフでザクッと


続いての必食メニューは「海老の太陽」(2,580円)。
アルゼンチン産の手長海老が大皿にぐるりと12尾。
香ばしく焼き上げた海老は、フォークで簡単に身が離れます。
ちょっと濃い目の味付けで、レモンをきゅっと搾って酸味をプラスすれば、ワインがとまらない!
ボリューム満点ですが、2人でペロッと食べられてしまいます。

『真夜中の太陽』の「海老」


さらに、スネ、シンタマ、うちモモから、首、頭まで、なんと10の部位から好きなものをセレクトできる生ハムも注目。
しかもオーダーごとに削りたてを提供してくれます。
脂が甘くて香りがふわっと広がります。
オススメは5つの部位の「盛り合わせ」。圧巻です!

『真夜中の太陽』の「生ハム盛合せ」


ほかにもバルらしいメニュー「缶DE TAPAS」より「焼きコーンコンビーフ」(500円)、「ほうれん草オムレツ」(600円)、

『真夜中の太陽』の「焼きコーンーコンビーフ」
『真夜中の太陽』の「ほうれん草オムレツ」


羽根つきイベリコ豚のギョウザ」(860円)、「焼きトルティーヤ 山盛りパクチー」(830円)

『真夜中の太陽』の「羽根つきイベリコ豚のギョウザ」
『真夜中の太陽』の「焼きトルティーヤ 山盛りパクチー」


デザートには香ばしくキャラメリゼされた「濃厚プリンのおこげ」(500円)をオーダー。

『真夜中の太陽』の「濃厚プリンのおこげ」


スペインバルといえば、スペインワインやカヴァ(スパークリングワイン)。
この店ではオリジナルサングリア(各700円)をどうぞ。
フレーバーもちょっと変わっていて、パイナップル、パッションにスイカ、そしてなんとハラペーニョ!
味は飲んでみてのお楽しみ!

『真夜中の太陽』のサングリア
『真夜中の太陽』のスイカのサングリア


また、イタリアで流行しているという「ランブルスコ」も試してみて。
イタリア産の微発泡赤ワインで、なんとお椀で飲むスタイル。
これが、口当たりもよく、ほどよくさっぱり。
ついつい飲み進んでしまうのです…。

『真夜中の太陽』の「ランブルスコ」(微発泡の赤ワイン)


さらにスペイン通にはシェリー酒を。
ちょっとハードルが高くて、なかなか飲む機会がなかったという人には、料理に合わせたシェリー酒5杯を味わえる「シェリーペアリングコース」(5,000円)も楽しみ。

お店を出て、反対側へと進むと目の前は国際フォーラム。
振り返れば、高架下のお店は有名チェーン店から渋い居酒屋まで、どこも満員!
意外と知られていない活気あふれる場所なのです。

丸の内と銀座という高級店エリアに挟まれた、リーズナブルで居心地のいい隠れ家。
週に1ペースで通い詰めてみるのもいいかもしれませんね。

店名真夜中の太陽
住所東京都千代田区丸の内3-7-6
営業時間17:00~24:00
電話番号050-5597-3763
定休日無休



このページのデータは2019年6月28日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>