世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』
2/2神田に旗艦店をオープン!

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

実は、隠れた「ラーメン激戦区」の神田。
塩、醤油、味噌、台湾系、担々系、鶏白湯系…など、お店の種類も豊富。
東京屈指のエリアだけに、個性豊かな人気店がひしめき合っています。

しかも神田はOLやサラリーマンが多いビジネス街。
味はもちろん、清潔感やコスパについても、厳しく評価されます。

今回お招きいただいたお店は『ラーメン凪 BUTAO 神田店』。
海外6カ国で35店舗を展開する『ラーメン凪 豚王』のリブランディング店舗。
国内初となる旗艦店として2020年2月2日(日)に神田にオープンします。

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

場所は、JR神田駅の高架下。カフェのようなシンプルな外観が印象的です。
店内には、個室6席を含む全20席を設置しています。

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

なお、店名を見て気付いた人もいる通り、こちらは『』の系列店。
ちなみに『』とは『すごい!煮干ラーメン凪』で知られる超人気店。

「煮干ラーメン」ブームを牽引した立役者でもあります。
都内を中心に12店舗を経営する…と言えば、その影響力もわかるはず。

でも『ラーメン凪 BUTAO 神田店』は「煮干」ではなく「豚骨」。
それはナゼなのでしょう?

もともと『』が誕生したのは、2004年の『新宿ゴールデン街』。
Barの間取りスペースでつくった「豚骨ラーメン」がスタートでした。

その後、お馴染みの「煮干ラーメン」が誕生。
今では行列のできる看板メニューにまで成長したのです。

2010年からは海外へも進出。最初は香港でした。
販売するメニューは、いろいろ悩んだ末に「煮干」ではなく、創業当初の「豚骨」で勝負することを選択したといいます。

「実は、海外の人たちは、煮干よりも豚骨が美味しいと言っていたんです」
その点も理由のひとつだったと話すのは、代表取締役の生田智志氏。

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!
世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

現在では、常に2時間待ちの行列ができるアメリカを始め、シンガポール、フィリピン、香港、台湾、中国といった多くの外国人から高い評価を得るほどまでのメニューになりました。

近年は「豚骨」を逆輸入する形で日本でも『ラーメン凪 豚王』を展開。
渋谷、新宿、大宮で、順風満帆な滑り出しを見せています。

そして今回、満を持してオープンする『ラーメン凪 BUTAO 神田店』は国内初の旗艦店。
開店にあたっては「五感で感じるラーメン」をキーワードにすべてをブラッシュアップ。
味わいはもちろん、見た目の清潔感や香り、美味しく感じられる空間づくりなど、こだわり尽くしたそうです。

メニューのラインアップは、4種類の「豚骨」。
その日の気分に合わせて4色のカラーから自由に選べるスタイルを採用。
訪日外国人も行き交う街だけに、世界の人たちが好む味わいにも仕上がっています。


■「」(830円)
<気分:ただうまいものを体が欲しがっているとき>

豚頭と背がら、豚足などを20時間以上かけてじっくり炊き上げたスープは、濃厚系でありながら、口当たりは思ったよりもさっぱり。独特の臭みや雑味のないフレッシュな味わいのスープは、コシのある特製麺との相性も抜群。とんこつが苦手な人でもペロッと食べられるスタンダードな一杯。

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!
世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!




■「(みどり)」(830円)
<気分:何だか新しいことに挑戦したいとき>

バジルとオリーブオイルの香味油ベースのスープが、ちょっぴりイタリアンにも感じる一杯。濃厚な豚骨に負けない、でも主張しすぎないバジルとオリーブオイルのバランスが絶妙。オリジナル自家製麺とスープのマイルドな旨味が、口の中に広がってくる、ほかでは味わえない個性的な一杯。

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!




■「」(830円)
<気分:シャキッと自分に気合を入れたいとき>

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

見た目からして辛そうな一杯。自家製辣油ベースのスープが自慢。香味野菜の甘味が、新たな旨味を引き出してくれる「辛いもの好き」な人におすすめのメニュー。


■「」(830円)
<気分:深呼吸して感性を研ぎ澄ませたいとき>

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

真っ黒い見た目が強烈なインパクトを与える一杯。焦がしニンニクのマー油ベースのスープに、黒胡麻&イカ墨の深いコクが加わった、味わい深いメニュー。


なお「油の量」「味の濃さ」「にんにく」「麺のかたさ」も好みで自由にチョイス。
さらに、唐辛子ベースの秘伝タレ「一撃」も、10段階まで好みで選択可能。

また、メニューのすべてに無料のゆで卵「ただ卵」が付いてきます。
但し書きには「美味しさ1.5倍増し!! ただの卵ではありません。お口の中をリセットして口内調味を促す!」とありますので、最初にいただくのがベスト。
半分を先に、残り半分をラーメンに…というのもアリです。

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!
世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

そのほかにも、替え玉の「替麺」(160円)、「半替麺」(130円)、「ごはん」(200円)、「小ごはん」(150円)、「ラーメンが美味しくなる半熟玉子」(130円)、「チャーシュー」(250円)、「博多万能ネギ」(120円)、「キクラゲ」(120円)、「国産海苔」(120円)、「缶ビール」(400円)を用意。

すべて、割りばし袋に○を付けてオーダーするスタイルになっています。

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!
世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

平日は午前11時から午前2時まで営業しているので、ひとりランチ、仕事の合間のブレイクタイム、ちょっと遅めの夕食、深夜の夜食など、シーンに合わせて利用できるところもうれしいです。

お店のキャッチコピーは「ただうまいもんを、あなたらしく。
ラーメンを提供する瞬間の「温度」にまでこだわった新しい食体験をぜひ!

世界6カ国で展開する『豚王』がついに誕生! 『ラーメン凪 BUTAO 神田店』 2/2神田に旗艦店をオープン!

店名ラーメン凪 BUTAO 神田店
住所東京都千代田区鍛冶町2-13-7
電話03-6206-0324
営業時間11:00~翌2:00/土日祝11:00~22:00
定休日無休
オフィシャルサイトhttp://www.n-nagi.com/


情報は2020年1月31日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>