レストラン&カフェ32店をご紹介 グランスタ東京
8/3グランドオープン!

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

東京の玄関口・東京駅のエキナカ商業施設『グランスタ東京』が8/3にグランドオープン!
既存店と合わせると全153店に及ぶJR東日本最大規模のエキナカ商業施設です。

コンセプトは『TRY NEW TOKYO ST.』。
今までにないエキナカ空間で新たな出逢いを提供してくれます。

名店や新業態、エキナカ初など個性豊かな全66店のうち、
イートインできるカフェ&レストランをご紹介しましょう。

『グランスタ東京』カフェ&レストラン一覧

  1. 近畿大学水産研究所 はなれ <海鮮>
  2. 天然本まぐろ ありそ鮨し <江戸前鮨>
  3. 肉卸小島 <ステーキ>
  4. 江戸切り 助六そば ぬる燗佐藤 <蕎麦、天ぷら、日本酒>
  5. とんかつ まい泉食堂 <とんかつ、かつ丼>
  6. 東京パニーノ アロマフレスカ <パニーノ、バー>
  7. 雷 東京本丸店 <ラーメン>
  8. 常陸野ブルーイング 丸の内 <クラフトビール>
  9. THE BEAT DINER <アメリカンダイナー>
  10. TO今日BAR <イタリアンバール>
  11. CITYSHOP <サラダ&ダイニング>
  12. CACAO HUNTERS Plus <チョコレート、カフェ>
  13. 東洋軒 東京ステーション <西洋料理>
  14. Curly's Croissant TOKYO BAKE STAND <ベーカリー、カフェ>
  15. はせがわ酒店 グランスタ東京店 <日本酒>
  16. 純但馬牛 美方 powered by GORIO <肉料理>
  17. STATION RESTAURANT THE CENTRAL <洋食>
  18. 田中田式海鮮食堂 魚忠 <海鮮、定食>
  19. 南国酒家 47china <中華>
  20. 名古屋コーチン専門 伊藤和四五郎商店 <鶏料理>
  21. 海鮮居酒屋 羽田市場 <海鮮居酒屋>
  22. 回転寿司 羽田市場 <回転寿司>
  23. 東京ギョーザスタンド ウーロン <餃子>
  24. Tokyo Station Beer Stand <ビール>
  25. 格之進ハンバーグ&バル <ハンバーグ>
  26. Craft Japanese Malt Whisky SAKURA <ウイスキー>
  27. 北出TACOS <タコス>
  28. ガトーフェスタ ハラダ <ラスク>
  29. ほんのり屋×marukome <おむすび、味噌汁>
  30. DEPOT <カフェ&バー>
  31. 恋とスパイス 新宿中村屋 <カレー>
  32. Made in ピエール・エルメ <スイーツ>

1
近畿大学水産研究所 はなれ
〔中央通路エリア〕

水産養殖のパイオニア・近畿大学による養殖魚専門店。「はなれ」と名付けたこのお店では、新たな取り組みとして近畿大学が生産した完全養殖の稚魚を日本各地の養殖業者が育成した「近大生まれの魚」をメインに提供する。

完全養殖とは、完全ふ化した魚を親魚まで育ててその親魚から採卵し、人口ふ化させて次の世代を生み出していくもので、天然資源に依存しない持続可能な水産業を確立するには不可欠な技術なのだとか。

メニューは、大トロ、中トロ、赤身がのったクロマグロの「近大生まれ マグロづくしの手桶寿司」(2,950円)、マグロ・マダイ・シマアジがふんだんにのった「近大バラちらし寿司」(1,650円)、マグロの紅・マダイとシマアジの白で紅白を演出した「近大紅白手桶寿司」(2,200円)などを用意。いずれも小鉢・香の物・味噌汁付き。

また、朝食には「近大づくし朝御膳」(1,650円)がおすすめ。焼き魚とマグロのお造りを楽しめる、豪華な朝定食。一日のスタートを盛り上げてくれそう。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
キンキダイガクスイサンケンキュウジョ ハナレ
近畿大学水産研究所 はなれ
電話をかける
電話番号:03-6259-1096
養殖魚専門料理店
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル14席・カウンター10席

2
天然本まぐろ ありそ鮨し
〔中央通路エリア〕

すべて天然モノにこだわった江戸前鮨の店。東京の玄関口・東京駅で、国内外の来客ももてなすことができる。

こだわりの鮮魚は、目利きが豊洲市場に毎朝足を運んで仕入れている。最高級の天然本まぐろ、北陸の寒ブリなどの高級魚をはじめ、現地から直送される鮮魚もあり、日本各地の旬の海の幸を一同に楽しめる。

もちろん、江戸前というからには伝統的な技法を守り、シャリにはササニシキを使い、1日10回以上も炊き上げる。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

お決まりの皿には、旬の新鮮なネタを日替りで提供。例えば、福井産の「甘海老」「若狭ぐじ」、千葉さの「釣り鯵」「こはだ」、青森の「天然ひらめ」「剣先いか」など。「一の皿」から「四の皿」は各1,300円、「五の皿」は2,400円と明朗会計もうれしい。

凛とした雰囲気ただようカウンター席で、職人が握る江戸前鮨に舌鼓を打ちたい。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
テンネンホンマグロ アリソズシ
天然本まぐろ ありそ鮨し
電話をかける
電話番号:03-6268-0890
寿司
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル16席・カウンター14席

3
肉卸小島
〔中央通路エリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

創業80余年の「肉の仲卸」が手掛ける老舗ブランド『肉卸小島』による、初めてのステーキ店が『グランスタ東京』にオープン。仲卸として培った目利きで選ぶ牛肉は、まさに折り紙つき。もちろん日本の牛肉のA4、A5ランクだけをラインアップする。

おすすめは「本日の赤」「本日の白」「看板のフィレ」。厳選した国産牛を「本日の赤=赤身」「本日の白=霜降り」に分けてステーキ肉にする看板メニューは、肉通をうならせること間違いナシだ。

「本日の赤」は「国産牛 赤身のステーキ(150g)」(1,880円)。そして「本日の白」は「国産牛 霜降りのステーキ(150g)」(2,310円)。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

肉のことを知り尽くしたシェフが焼くだけに、味わいもお墨付き。そのほかにも、20食限定の「国産牛 肉卸し自慢のフィレステーキ丼」(1,880円)、「国産牛100% チーズハンバーグ トマトソース(170g)」(1,400円)、「国産牛 サイコロステーキ(120g)」(1,680円)なども用意する。

なおブランチメニューには「たっぷり牛肉と卵の肉卸し風ライ麦パンサンドイッチ」(780円)、「肉卸しの牛肉の卵とじ丼」(880円)もあるので、こちらもぜひ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ニクオロシコジマ
肉卸小島
電話をかける
電話番号:03-6269-9829
ステーキ
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル12席・カウンター15席

4
江戸切り 助六そば ぬる燗佐藤
〔中央通路エリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

「江戸らしさ」「日本らしさ」をテーマに、蕎麦、天ぷら、そして唎酒師が全国から厳選する銘酒を楽しめるお店。なかでも自慢は、ミシュラン星獲得の和食職人が考案した蕎麦メニュー。国産のそば粉を使用した「助六のそば」ならではのこだわりを堪能することができる。

ラインアップも豊富。「名物 枡もりそば」(770円)をはじめ、「冷し揚げもち みぞれそば」(960円)、「ごぼてん肉そば」(1,200円)といった冷やし系。「こだわりコロッケそば」(940円)、「山菜そば」(960円)、「鴨南蛮そば」(1,200円)などの温かい系など、いろいろと味わいたい。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

もうひとつの自慢、天ぷらも、ぜひオーダーしたい逸品。「海老(1本)」(300円)、「アナゴ一本揚げ」(500円)、「深川かき揚げ<あさり・ネギ入り>」(380円)…の海鮮。「おでんだいこん 〜とろろこぶ〜(1個)」(260円)、「まいたけ」(220円)、「生麩揚げ 〜田楽みそ〜」(280円)…の野菜。好みに合わせて、注文しよう。

新潟県「〆張鶴 純(純米吟醸)」(920円)、京都府「澤屋まつもと 守破離(純米)」(750円)、岩手県「南部美人(吟醸)」(820円)といった、銘酒とともに、美味しい時間を楽しもう。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
エドキリ スケロクソバ ヌルカンサトウ
江戸切り 助六そば ぬる燗佐藤
電話をかける
電話番号:03-6206-3248
そば、日本酒
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル28席・カウンター15席

5
とんかつ まい泉食堂
〔吹き抜けエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

創業55年、「箸で切れるやわらかなとんかつ」をテーマに、豚肉と衣とオリジナルソースの三位一体の美味しさを追求する『まい泉』。その『まい泉』が、新業態となる、かつ丼専門店をオープン。

“いつでも、早く、おいしく”、とんかつを楽しめるための「丼もの」のメニューをラインアップする。看板メニューは「ヒレかつ丼」(980円)。こだわりの逸品だ。そのほかにも、自慢の揚げ物をたっぷり盛り付けた「まい盛り丼~とんかつ・エビフライ・エビクリームコロッケ~」(1,480円)も、おすすめのひと品。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

また、夏の時季にサッパリといただける「塩ヒレかつ丼」(950円)、朝食にもぴったりの「とんかつ茶漬け」(680円)、「黒豚生姜焼き丼」(980円)、「とんかつ膳」(1,250円)…と、ラインアップも豊富。季節食材を取り入れたオリジナリティーあふれる「かつ丼スタイル」を、朝食・昼食・夕食を楽しめる。

木の素材感を活かした落ち着いた空間はカウンターのみで、おひとりさまでも気軽に入りやすい雰囲気。これまで「かつ丼を食べたくても、なかなかひとりで食べに行けなかった」という女性に、ぜひおすすめしたい魅力的なお店だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
トンカツ マイセンショクドウ
とんかつ まい泉食堂
電話をかける
電話番号:03-6269-9671
とんかつ、どんぶり
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
7:00~22:00
日・連休最終日 7:00~21:00
カウンター24席

6
東京パニーノ アロマフレスカ
〔吹き抜けエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

サクサク熱々の新感覚プチパニーノと、イタリア直輸入の新鮮なプロセッコを楽しむイタリアンバールがオープン。こちらはイタリアンの超有名店『アロマフレスカ』が手がける新業態のお店だ。

コンセプトは「東京駅だからできること、東京駅でしかできないこと」。デパーチャーバーとしての理想をギュッと詰め込んだ「パニーノバー」に仕上がっている。

朝は「パルミジャーノを入れたできたてイタリアンオムレツパニーノ」と「マリネしたトマト」「とろけるチーズ」「ロマーニャ産生ハム」のセット「朝パニーノ」(440円)で。イタリアンカフェの「カプチーノ」(450円)とともに。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

昼は「プチパニーニ」を。「タリアテッレ パスタ トマトソースとバジリコ」(480円)や「チキンパプリカ 森林鶏とペペローニ」(580円)など9種のパニーノで。

カフェタイムには、チョコレートなどのイタリアジェラートを楽しむ「ボンボローネ」(380円)に、モッツァレラを詰めたひと口サイズのライスコロッケ「アランチーニ」(200円)。

夜は「小皿前菜2種盛り」(330円)、ロマーニャ産の「プロシュット」(550円)を、10種の厳選グラスワインとともに。

ターミナル駅での束の間の時間を、美味しく、贅沢に楽しめる、とっておきの一軒だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
トウキョウパニーノ ~アロマフレスカ~
東京パニーノ アロマフレスカ
電話をかける
電話番号:03-5218-8212
パニーノバー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
7:00~22:30
日・連休最終日 8:00~21:30
テーブル8席・カウンター5席・スタンディング席あり

7
雷 東京本丸店
〔吹き抜けエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

千葉県松戸市にある行列店『中華蕎麦 とみ田』の直営店『雷 東京本丸店』がエキナカにオープン。ジャンルは、いわゆるガッツリ系。

おすすめは、看板メニューの「雷そば」(900円)。国産豚の背脂とガラを大量に使用して、20時間じっくり煮込んだスープに、特製の醤油を合わせ、極太ちぢれ麺で仕上げる一杯。食べごたえ抜群。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

トッピングのラインアップもこだわりの逸品が勢ぞろい。希少な「Tokyo-X」のトロ豚を使用した「トロ豚」(250円)、「柏幻霜ポーク」の背脂を使用した「アブラ」(50円)、那須御養卵の「生卵」(60円)など、どれもトッピングに加えたいメニューがズラリ。

「雷増し(豚1枚・トロ豚2個・うずら3個)」(400円)もあるので、たっぷり食べたい人は、こちらをぜひ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
カミナリ トウキョウホンマルテン
雷 東京本丸店
電話をかける
電話番号:03-6268-0906
ラーメン
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
8:00~22:00
日・連休最終日 8:00~21:00
カウンター11席

8
常陸野ブルーイング 丸の内
〔北通路エリア<改札外>〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

1823年(文政6年)より日本酒を造り続ける、茨城の酒蔵『木内酒造』から誕生した「常陸野ネストビール」。都内5店舗目となる直営店が『グランスタ東京』内にオープンした。

おすすめの「常陸野ネストビール ホワイトエール」(750円)をはじめ、定番から限定まで常時10種類の「常陸野ネストビール」を用意。爽やかなラガータイプからコクのあるエールまで、季節に合わせた幅広いラインアップのビールが登場する。

そのほかにも、直営店ならではの樽生限定ビールも取りそろえるなど、日本のクラフトビールの技術を、東京駅から世界に発信する。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

営業時間は朝8時から。「オイルサーディンとパプリカのコンフィチュール」「常盤の輝き豚のプルドポーク」「さばとトマト煮と2種のオリーブ」「つくば鶏のスモークハム」といったサンドイッチと共に、クラフトビールを楽しめるところも面白い。

ランチタイムには「サンドイッチ+サラダ+ドリンク」(1,280円)を提供。カフェの時間帯には「ケーキセット」(780円)も用意する。

もちろん「ビール3種飲み比べ」(1,080円)もあるので、ビール好きは早速訪れてみよう。

店舗情報
ヒタチノブルーイング マルノウチ
常陸野ブルーイング 丸の内
電話をかける
電話番号:03-6269-9779
ビアバー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
8:00~23:00
日・連休最終日 8:00~22:00
テーブル27席・カウンター5席

9
THE BEAT DINER
〔北通路エリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

アメリカンライクなインテリアがオシャレなファミレスダイナー。本格的な「ハンバーガー」やニューヨーカーに愛されるストリートフード「オーバーライス」など、アメリカンダイナーに日本のエッセンスを取り入れた、アレンジメニューを豊富にラインアップする。

朝食には「モーニングステーキ アンガスビーフ」(720円)、「厚切りトースト スクランブル&ベーコン」(600円)、「オリジナル エッグベネディクト」(650円)、「厚切りトースト 目玉焼き&ベーコン」(600円)など、ボリューミーなメニューを用意する。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

ランチの「カントリーBBQチキンオーバーライス」「アンガスビーフステーキ オーバーライス」「ローストビーフマウンテン オーバーライス」などは980円から。

ディナーには看板メニューの「B.E.A.T BURGER」や「アンガスビーフステーキ&カントリーBBQチキンのオーバーライス」など、ボリューム感と高いクォリティーの融合したスペシャルメニューを提供する。

監修は「ハンバーガーの組み立て方」の著者・白根智彦氏。ハンバーガーはテイクアウトできるので、家でじっくり味わうのもアリだ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ザ ビート ダイナー
THE BEAT DINER
電話をかける
電話番号:03-5224-8731
アメリカンダイニング
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
7:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 7:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル52席・カウンター12席

10
TO今日BAR
〔北通路エリア〕

山形県鶴岡市の『アル・ケッチャーノ』や、銀座『YAMAGATA San-Dan-Delo』など、人気店のオーナーシェフを務める奥田政行氏。日本におけるスローフードの先駆者としても、世界で高く評価されているシェフだ。

新たにプロデュースするお店は、地域の素材を生かし、味わい豊かな品々をカジュアルに楽しめるイタリアンバール。

スペシャリテの「山形県舟形町のフレッシュマッシュルームと庄内豚生ハムのクリームソースパスタ」(1,870円)などをラインアップする。

また、面白いのは「奥田流完全無欠ペアリングの考え方」。ワインをソースと考えて料理を完成させるのだという。簡単に説明すると「あえて味を未完成にした料理をひと口食べた後に、続けてワインを飲むと、料理がびっくりするくらい美味しくなる」というのだ。もちろん、それは味の組み合わせの設計を緻密に行っているから。

そのほかにも「同じ色の食材は相性が良い」「噛ませる薄味の法則」「対比と同比 出合いの法則」「ゆで論」など、「奥田流ミカク(味覚)ワールド」を楽しむことができる、興味深いお店だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
トウキョウバール
TO今日BAR
電話をかける
電話番号:03-6250-6381
イタリアンバール
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
7:00~22:30
日・連休最終日 7:00~21:30
テーブル40席・カウンター12席

11
CITYSHOP
〔北通路エリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

「いろんな野菜を、もっと美味しく、もっとデイリーに食べる」をテーマに、野菜と肉・魚・スーパーフード・グレインズ・スパイスなどを掛け合わせた「グルメサラダ&デリ」を提供するデリカテッセンがオープン。

おすすめは、トッピングとドレッシングを選べるカスタムグリーンサラダに、デリ2品を付けた「CUSTOM GREEN & 2 DELI PLATE」(EAT IN 1,540円~/TO GO 1,512円~)。

デリのメニューも「玄米パスタ 冷製スパイシーガスパチョ風」「5グレインズ&チョップドサラダ」「ZENパスタ なめこと柚子胡椒のペペロンチーノ w/大根おろし」…と豊富に取りそろえる。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

朝食には「季節のフルーツグラノーラ」(780円)、「クラシックシーザーサラダ」(880円)、「トーストセットB(サラダ、スクランブルエッグ、ベーコン)」(880円)など。

昼食には「野菜たっぷりフォー」(980円)、「VEGAN坦々麺」(980円)、「カスタムサラダプレート」(980円)など。

夕食には「鶏の塩麹からあげパクチーまみれ」(680円)、「四川風麻婆豆腐葱まみれ」(1,280円)、「牛ほほ肉と香菜とトマトのベトナムおでん」(1,080円)など。

ヘルシーな朝食から、17時以降は、ギルティフリーな居酒屋メニューまで、彩り豊かな食事をいただきながら、カラダに美味しい時間を満喫しよう。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
シティショップ
CITYSHOP
電話をかける
電話番号:03-6256-0336
サラダ&ダイニング
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1階 グランスタ東京内
7:00~22:30
日・連休最終日 7:00~21:30
54席

12
CACAO HUNTERS Plus
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

カカオハンターとして有名な小方真弓さんと、南米コロンビアチームが、カカオの調査や栽培の指導、チョコレートの製造までを、生産地で行う『CACAO HUNTERS(カカオハンターズ)』。初となるリアル店舗を東京駅にオープン。

店内では、香り豊かなチョコレートでつくるジェラートをはじめ、ドリンク、チョコバナナスイーツ、土産用のお菓子などをラインアップする。

おすすめはバナナの木陰で育つカカオをイメージした「オムレット バナナチョコ(3個入)」。ふんわりオムレット生地のなかには、チョコレートクリームに包まれたバナナが!

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

そのほかにも、2種のフレーバーをペアリングで楽しめる「ジェラート」(EAT IN 605円/TO GO 594円)には、コロンビア北部のカカオでつくる「アルアコ」、南部の「トゥマコ」といった本格派から、「バナナチョコ」「ミントチョコ」、さらには季節限定の「ナッツショコラ」「柚子」まで用意する。

もちろんドリンクには「アイスチョコレート」「ホットチョコレート」(EAT IN 550円/TO GO 540円)をはじめ、「アルアコ」と「トゥマコ」の珍しい「スムージー」(EAT IN 660円/TO GO 648円)もあるので、いろいろ試しながら、カカオの美味しさを思いっきり満喫してみては。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
カカオハンターズ プラス
CACAO HUNTERS Plus
電話をかける
電話番号:03-5218-7031
チョコレートカフェ
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
7:00~22:00
日・連休最終日 7:00~21:00
テーブル6席・カウンター4席

13
東洋軒 東京ステーション
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

現在、三重県津市に本店を構える西洋御料理専門店『東洋軒』。創業は明治22年(1889年)。宮内庁御用達としての華々しい名声を残すと同時に、『東京駅』や『国会議事堂』の竣工パーティーを請け負うなど、輝かしい歴史を持つ名店でもある。

伝統と格式に裏打ちされた洋食のメニューはどれもが美味。なかでもおすすめは「ロイヤルブラックカレー」(3,080円)。美し国三重の素晴らしい食材「松阪牛」を贅沢に味わえる漆黒のカレーは、約1カ月間の時間をかけて仕上げる贅沢なひと品。必食のメニューともいえる、お店自慢の逸品だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

そのほかにも「松阪牛」のステーキをはじめ、伊勢湾産の伊勢海老や鮑を堪能できるシーフードカレーなど、メニューのラインアップも豊富に取りそろえる。

黒をベースに、木の温もりと、赤いイスをアクセントに効かせた店内のインテリアは、どこか懐かしい雰囲気を感じさせながらも、モダンでスタイリッシュ。

友人や仲間とのランチタイムから、大切な人とのディナータイムまで、老舗ならではのハイエンドな有名店の味わいを、じっくりと堪能してみてはいかが。きっとリピートしたくなるはず。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
トウヨウケン トウキョウステーション
東洋軒 東京ステーション
電話をかける
電話番号:03-3214-2882
西洋料理
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル24席・カウンター11席

14
Curly's Croissant TOKYO BAKE STAND
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

「プレミアムクロワッサン(1個)」(EAT IN 330円/TO GO 324円)の専門店が東京駅にオープン。本番フランスから取り寄せる小麦粉は、日本初の流通となる逸品。さらにフランス産の高級発酵バターと組み合わせた味わいは、ここでしか味わうことのできないひと品だ。

さらに、こちらのお店はフレッシュベーカリーショップとして、常に焼き立てのクロワッサンと挽きたてのフレッシュコーヒーを提供。パリッ&サクサクした表面と、しっとりした極上のクロワッサンをいつでも楽しむことができるところも魅力。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

また「ホットコーヒー」「アイスコーヒー」(EAT IN <S>390円 <M>456円/TO GO <S>383円 <M>448円)といったドリンク類も豊富にラインアップ。

なかでも「とちおとめ」を贅沢に楽しめる「とちおとめホワイトチョコミルクフラッペ」(EAT IN <S>825円/TO GO <S>810円)は、おすすめの逸品。

ランチタイムやカフェタイムはもちろん、電車の待ち時間や、移動の合間のブレイクタイムにもぴったり。また「プレミアムクロワッサン」は、詰合せBOXも用意しているので東京土産としても喜ばれそう。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
カーリーズ クロワッサン トウキョウ ベイク スタンド
Curly's Croissant TOKYO BAKE STAND
電話をかける
電話番号:03-6259-1093
ベーカリー・カフェ
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
7:00~22:00
日・連休最終日 7:00~21:00
カウンター9席

15
はせがわ酒店 グランスタ東京店
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

「酒類の小売販売」と「テイスティングバー」を展開する『はせがわ酒店 グランスタ東京店』。同じ東京駅にある『はせがわ酒店 はなれ』や、5月に閉店してしまった『はせがわ酒店』に行ったことのある人ならご存知の人気店だ。

「酒類の小売販売」スペースには、日本酒を中心に焼酎、和のリキュール、ワインを豊富にラインアップ。日本の文化である日本酒の魅力を発信していく。

そして「テイスティングバー」では、東京駅で唯一、日本酒やどぶろくを味わえるタップを設置。ここでしか味わえない日本酒を豊富に取りそろえている。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

また「テイスティングバー」では、日本酒の原料となる貴重な酒米でつくる、とっても珍しい「酒米おにぎり」も用意。「山田錦」(220円)や、「雄町」(220円)といったメニューは、日本酒好きはもちろん、そうでない人でも、話題のひとつとして食べておきたい逸品だ。

そのほかにも「亀の尾・昆布」(220円)、「朝日米・ツナマヨ」(165円)など、種類もいろいろあるので、同じ酒米の日本酒と合わせて楽しんでみるのも面白いかも。

デザートには「日本酒ジェラート」もあるので、日本酒の魅力にどっぷり浸かってみては。もちろん手土産の日本酒も忘れずに!

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ハセガワサケテン グランスタトウキョウテン
はせがわ酒店 グランスタ東京店
電話をかける
電話番号:03-6420-3409
日本酒、角打ち
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:00
日・連休最終日 8:00~21:00
スタンディングのみ

16
純但馬牛 美方 powered by GORIO
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

炉窯炭火焼きステーキの有名店『あら皮』の分店として築地に創業した『哥利歐(ごりお)』が監修する焼肉レストラン。プレミアムな和焼肉と黒毛和牛ホルモンを楽しむことができる注目の一軒だ。

自慢は『哥利歐』だからこそ仕入れられる最高級純但馬牛。生産者が手塩にかけて育てた希少な純但馬牛を余すことなく楽しめる。

もともと純但馬牛は肉質がキメ細かく、独特の旨味と甘味があって、さらに脂にも旨味があるので、風味豊かな味わいを堪能できる。しかも仕入れている未経産の雌牛は、脂肪の融点低いため、口どけが良く、肉質もやわらかいといった特徴がある。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

最高級純但馬牛のロース、カルビ、ハラミ、ブリスケなどは焼肉や串焼きで提供。焼肉師がベストな状態に焼き上げてくれるので、衣服にも匂いが付きにくく、女性も安心。

メニューには「極上ロース 10秒炙り焼き」「極上純但馬牛ロース(焼肉)」「カルビ焼肉と極厚切り黒毛和牛タン串焼き」などをラインアップ。さらには和の技法で上品に仕立てる「純但馬牛100% 絹ごし大とろハンバーグ」「特上純但馬牛 すき焼き」「特上純但馬牛ロースの江戸前甘味噌牛鍋」といったメニューも用意する。最高級の味わいをぜひ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ジュンタジマウシ ミカタ パワード バイ ゴリオ
純但馬牛 美方 powered by GORIO
電話をかける
電話番号:03-6269-9908
焼肉、肉料理
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル31席・カウンター8席

17
STATION RESTAURANT THE CENTRAL
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

豪華列車の先駆者『北斗星号』。最後の寝台特急『カシオペア号』。そこでフランス料理を担当した食堂長がメニューを監修する、鉄道をテーマにした洋食レストラン。鉄道ファンならずとも訪れてみたいオシャレな一軒だ。

食堂車両を再現したインテリアは、どこか懐かしい感じのする、風格ただようモダンレトロな雰囲気。店内は、食堂車、ロビーカー、コンパートメント、テラスの4つの異なるゾーンにわけられていて、それぞれの空間で食事を楽しむことができる。

おすすめは「食堂長自慢のスペシャルハヤシライス」(2,200円)。食堂車時代から80余年の歴史を伝承しながらも、独自の製法で進化させた「デミグラスソース」は、じっくり時間をかけて丁寧につくった逸品。

「和牛の赤ワイン煮込み」(3,500円)、「牛ほほ肉のシチュー」(2,000円)、「セントラル風 ハンバーグステーキ」(2,000円)なども、ぜひ味わいたいひと品だ。

そのほかにも「ミックスフライ」(2,400円)、「ベジタブルカレーライス」(1,600円)、「シーフードドリア」(2,200円)といったメニューもラインアップ。子どもから年配の方まで「あの食堂車のメニュー」を気軽に楽しもう。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ステーション レストラン ザ セントラル
STATION RESTAURANT THE CENTRAL
電話をかける
電話番号:03-6256-0583
洋食
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル66席・カウンター12席

18
田中田式海鮮食堂 魚忠
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

最高級の食材を追い求めた、大人のための特別居酒屋『田中田』。その弟分として福岡市今泉にオープンした海鮮食堂『魚忠』が、『グランスタ東京』に登場。

厳選した最高級の海鮮食材を『豊洲市場』から仕入れて、ひと品ずつ、真心を込めて提供。おすすめは「ぜいたく丼」(3,680円)。生ウニ、トロ中落ち、いくらをたっぷり乗せたのせた名物メニューのひと品だ。

そのほかにも「五種盛り丼(サーモン、たい、いくら、まぐろ中落ち、玉子焼)」(1,980円)、「魚忠丼(かんぱち、サーモン、たい、生うに、いくら、まぐろ赤身、いか、まぐろ中落ち、玉子焼、オクラ)」(2,780円)などラインアップも豊富。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

もちろん日本酒も「美田(150ml)」(1,000円)や「喜多屋(グラス)」(1,200円)といった、福岡県の銘柄をとりそろえる。

「かんぱち胡麻醤油」(880円)、「鯛胡麻醤油」(880円)、「本日の煮魚」(890円)、「本日の焼き魚」(890円)…と、酒肴もいろいろ用意しているので、ガッツリ系の食事から、チョイ飲みまで、幅広いシチュエーションで活用できるところも、このお店ならでは。

福岡県が育んだ心地よい雰囲気のなか「うまかもん」をゆっくり堪能したい。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
タナカダシキカイセンショクドウ ウオチュウ
田中田式海鮮食堂 魚忠
電話をかける
電話番号:03-6206-3012
定食
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル22席・カウンター17席

19
南国酒家 47china
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

1961年創業の老舗中華料理店『南国酒家』が、新業態『南国酒家 47china』をオープン。「47」という数字から連想するように、中華料理でありながら「47都道府県」の厳選食材や日本由来の調味料を使った、素材感を存分に堪能できる新感覚の本格中華料理を提供する。

群馬県産のもち豚、長野県産の米「風さやか」、熊本県産の「岬の御塩」…など、日本の歴史、日本の粋を感じられる食材をラインアップ。

コンセプトは「日本各地から届く食材を、南国酒家で培ってきた日本の中華料理の技法を用いて調理する台所」。『南国酒家』史上、最も産地と食材にこだわりを持った中華料理を楽しむことができる。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

メニューには、やわらかい鶏肉の濃厚な旨味が特徴の「福岡県産はかた地どりの香り焼き丼~全国応援野菜もご一緒に~」(1,280円)、群馬県産のもち豚がウマい「本日の全国応援野菜と<低温ローストチャーシュー>のサラダ」(1,280円)、「茨城県鹿島灘産<大粒蛤>のあっさり清湯そば」(2,480円)、「まるごとトマトふかのひれジュレの冷やし麺 東京江戸赤酢と共に」(1,680円)など、全国各地の厳選素材で仕上げた逸品が勢ぞろい。

店内には開放的なオープンキッチンを設置。ダイナミックに繰り広げられる調理風景も見どころのひとつ!

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ナンゴクシュカ ヨンナナチャイナ
南国酒家 47china
電話をかける
電話番号:03-6268-0947
中華
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル28席・カウンター8席

20
名古屋コーチン専門 伊藤和四五郎商店
〔スクエア ゼロエリア〕

日本三大地鶏のひとつ「名古屋コーチン」で、全メニューをそろえる、全国的にも希少な専門店。

直営農場で飼育、直送する「純鶏名古屋コーチン」の焼鳥は、おすすめの逸品。「ねぎま(2本)」(720円)、「もも(2本)」(720円)、「月見つくね(2本)」(720円)、「レバー(2本)」(680円)…と、ラインアップも豊富。

もちろん、1羽につき40gしか取れない「ソリレス(2本)」(760円)、10gしか取れない「ハラミ(2本)」(760円)といった贅沢な希少部位も焼鳥で提供。必食メニューのひと品だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

そのほかにも「塩こうじ唐揚」(480円)、「名古屋名物手羽先」(480円)、「カリカリ揚げ皮ポン酢」(440円)なども取りそろえる。鶏料理にぴったりの厳選した日本酒、焼酎、ワインもそろえているので、一緒に味わいたい。

また食事のメニューには、東京駅限定のふわとろ卵で仕上げた「特上親子丼」(1,480円)、「親子丼」(1,280円)、「極上焼鳥重」(1,480円)、「焼鳥重」(1,280円)を用意。こちらも見逃せない!

立ち飲み、食事、持ち帰りの弁当まで、さまざまなシチュエーションで楽しめる「名古屋コーチン」の専門店だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ナゴヤコーチンセンモン イトウワシゴロウショウテン
名古屋コーチン専門 伊藤和四五郎商店
電話をかける
電話番号:03-6269-9338
焼き鳥
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル14席・スタンディングあり

21
海鮮居酒屋 羽田市場
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

日本各地の契約漁師が朝獲れた鮮魚を毎日直送! 飛行機による空輸のほかに、新幹線や高速バスなど、高速輸送するという、規格外の物流で新鮮な魚介をリーズナブルな価格で提供する『羽田市場』。

そのなかでも『海鮮居酒屋 羽田市場』は、定食や酒肴のメニューを豊富にラインアップ。ランチタイムには「天然まぐろ丼」(1,380円)をはじめ、「銀鮭定食」(1,200円)、「さば味噌煮定食」(1,200円)、「日替わり定食」(1,100円)といったセットメニューを用意。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

夜は、酒肴をメインに「青森県産(鰺ヶ沢)ウマヅラ刺」(500円)、「青森県産(鰺ヶ沢)イシダイ刺」(550円)、「青森県産(鰺ヶ沢)ヒラメ刺」(750円)といった新鮮な刺身をラインアップ。

そのほかにも「まぐろワイン煮」(480円)、「まぐろにんにく醤油漬け」(640円)、「手作りアジフライ」(750円)、「海のチーズグラタン」(750円)、「ほやの酢の物」(640円)など、さまざまな魚介料理をとりそろえる。

仕事帰りのチョイ飲み&サク飲みから、仲間との会食まで、シチュエーションに合わせて、新鮮な魚介を楽しみたい。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
カイセンイザカヤ ハネダイチバ
海鮮居酒屋 羽田市場
電話をかける
電話番号:03-5218-6911
海鮮居酒屋
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
7:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 7:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル18席・カウンター9席

22
回転寿司 羽田市場
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

『飛行機による空輸はもちろん、新幹線や高速バスなど、高速輸送して提供する、規格外の物流で新鮮な魚介をリーズナブルな価格で提供する『羽田市場』。海鮮居酒屋 羽田市場』と同系列の店舗だ。

日本各地の契約漁師から毎日直送される朝獲れた鮮魚は、言うまでもなく「ALL国産」。獲れたての美味しさを、どこよりも新鮮なうちに絶品の寿司に仕上げている。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

「こはだ」(240円)、「いわし」(240円)、「あじ」(240円)、「〆さば」(300円)といった光り物。

「釜揚げしらす」(180円)、「あじなめろう」(300円)、「かにみそ」(480円)などの軍艦巻き。

そのほかにも「真鯛」(380円)、「ひらめ昆布締め」(480円)、「とろサーモン」(480円)、「本まぐろ中とろ炙り」(750円)…と、種類も豊富。

多彩な寿司ネタを、思う存分、堪能しよう!

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
カイセンイザカヤ ハネダイチバ
回転寿司 羽田市場
電話をかける
電話番号:03-5224-9501
回転寿司
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
7:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 7:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル8席・カウンター34席

23
東京ギョーザスタンド ウーロン
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

ミシュランシェフと中国の点心師が、皮のつくり方から肉の挽き方まで、徹底的にこだわったギョーザの専門店。

「焼き餃子(4個)」(480円)の餡には、スペイン産イベリコ豚のバラと、国産の肩ロースを使用。脂がとけて旨味が逃げ出さないようにするため、お店で挽いて餡に。そして皮には、もちもち感を引き出すために、2種類の小麦粉を独自にブレンド。伸ばしたての皮をつかい、肉汁をしっかり閉じ込められるように、包みたてを焼いている。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

さらに、ギョーザのためだけに開発されたオリジナルクラフトビール「ウーロンエール」(450円)も、注文必須の逸品。中国福建省の烏龍茶葉を使用して醸造したウーロンハイのようなビールは、最高のギョーザと最高のビールの組み合わせを約束してくれる。

そのほかにも「水餃子(4個)」(480円)をはじめ、「パクチー肉味噌もやし」(580円)や「低温調理のよだれ鶏」(680円)といった酒肴も豊富にラインアップ。

また「焼きで。(焼き餃子定食)」(1,091円)、「卵付きで。(水・焼き餃子定食卵付き)」(1,182円)なども用意しているので、食事にもぴったり。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
トウキョウギョーザスタンド ウーロン
東京ギョーザスタンド ウーロン
電話をかける
電話番号:03-6259-1991
餃子
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
カウンター20席

24
Tokyo Station Beer Stand
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

『アサヒビール社』の監修のもと、確かな知識と技術によって高品質の味わいを提供してくれる樽生ビール専門店。おすすめは、注ぎ方によって異なる味わいを楽しめる「アサヒスーパードライ」。

キレのある辛口の味わいを最良の状態で体験できる「KARAKUCHI SERVE(辛口サーブ)」(680円)。最初に泡を入れ、その下にビールを注ぎ入れることで炭酸を適度に抜いて、ビールの味わいをしっかり引き出した「KARAKUCHI MELLOW(辛口メロー)」(680円)。グラスをほとんど泡で埋めつくして、濃厚な泡の苦味を楽しめる「KARAKUCHI MLIKO(辛口ミルコ)」(550円)。それぞれ飲み比べて楽しもう!

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

もちろん、料理はビールと相性抜群のメニューばかり。

昭和30年創業の老舗『コダマ』のシャリキュトリーをワンプレートにした「シャリキュトリープレート」(1,200円)をはじめ、ペアリングにぴったりの「国産サーモンフライ&チップス」(800円)、「砂肝入りポテトサラダ」(500円)、「しめ鯖のカナッペ」(600円)など、ラインアップも豊富。

そのほかにも、『コダマ』の自家製ソーセージをホットドッグにした「チーズチルコンカンドッグ」(単品800円/ビールとのセット1,300円)もあるので、ビールとのペアリングを楽しみたい。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
トウキョウ ステーション ビア スタンド
Tokyo Station Beer Stand
電話をかける
電話番号:03-6259-1089
ビアバー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~23:00
日・連休最終日 8:00~22:00
テーブル22席・スタンディングあり

25
格之進ハンバーグ&バル
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

岩手県ブランド肉・門崎熟成肉の専門店として知られている『格之進』のハンバーグ専門店。おすすめは「金格ハンバーグ」(単品1,180円/サラダ・スープ・ライス付き1,380円)。ハンバーグのために厳選した岩手県産国産牛と、奥羽山脈の伏流水で育った「白金豚」の旨味が融合した逸品だ。

さらに、つなぎの鶏卵と牛乳はHACCP認可にもとづいて生産した岩手県産をチョイス。また三陸野田産の天然塩「のだ塩」・一関門崎地区の「門崎めだか米」・酒用麹菌「黎明平泉」と、オール岩手県産の原料でつくる「塩麹」が、味わいに深みと奥行きをもたらしてくれる。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

ハンバーグのソースは「牛醤和風ソース」「デミグラスソース」「クリームマスタード」の3種類から選択可能なので、好みに合わせて選ぼう。

そのほかにも「ハンバーグ&コロッケ」(単品1,480円)、「ハンバーグ&メンチかつ」(単品1,680円)、「ハンバーグ&薫格肉」(単品2,280)といった、ハンバーグとのセットメニューも取りそろえる。

朝10時半までは、スープ・エッグスラット・パン・ドリンクがセットになった「モーニングプレート」(800円)も用意。朝から夜まで、気軽に楽しめる一軒だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
カクノシンハンバーグ アンド バル
格之進ハンバーグ&バル
電話をかける
電話番号:03-6259-1714
ハンバーグ、バル
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル18席・カウンター17席

26
Craft Japanese Malt Whisky SAKURA
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

国産ウイスキーのみを取りそろえる、こだわりのバー。日本全国23都道府県にある蒸留所から厳選。スタンダードな銘柄から、ここでしか味わえない初留のニューポット、入手困難なビンテージボトルなど、約60種類をラインアップする予定(現在は約30種類以上)。

「竹鶴17年(30cc)」(1,350円)、「山﨑12年(30cc)」(1,500円)、「鶫18年ミズナラ(30cc)」(2,100円)、「鳳25年(30cc)」(4,800円)などは、まさにウイスキー好きにはたまらない品ぞろえだ。

そのほかに、ウイスキーカクテルなども用意するので、いろいろ試してみては。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

料理には、ウイスキーにぴったりのメニューを用意。「本まぐろの刺身(赤身)」(980円)、「本まぐろの刺身(赤身&中トロ)」(1,180円)、「本まぐろのタルタル バゲット添え」(1,000円)といった、こだわりの生本まぐろメニューは、ぜひオーダーしたいひと品。

そのほかにも「自家製スモークサーモン」(780円)、「牡蠣のオイルスモーク漬け(1貫)」(400円)、「豚バラと青唐辛子のフリット」(780円)をはじめとする酒肴から、食事としても楽しめる「タンシチュー」(1,680円)、「和牛リブロースステーキ」(1,580円)、「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」(880円)…と、さまざま用意。ウイスキーとのマリアージュをいろいろ楽しみたい。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
クラフト ジャパニーズ モルト ウイスキー サクラ
Craft Japanese Malt Whisky SAKURA
電話をかける
電話番号:03-6268-0856
ウイスキーバー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
テーブル15席・カウンター4席

27
北出TACOS
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

N.Y.ブルックリンのフードラボ「BBF」のフィロソフィーを受け継ぐ『神田金物通り北出食堂』が、初となるタコスに特化した専門店をオープン。

ちなみに「BBF」とは、「Brooklyn Ball Factory」の略。「Brooklyn」にある「Meat Ball」のソースで料理をつくる「Factory」といったところだろうか。

なお、こちらのお店のメインはタコス。北海道産コーンを使用した自家製トルティーヤなど、国産素材、手づくり、無化調、無添加にこだわったオリジナルタコスを提供する。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

最大の魅力は、本場メキシコを超えるような味わい。「タコス(2PS)」(EAT IN 880円/TO GO 864円)は、「ファームサワー」「フルーツカクテル」「テキーラサワー」(500円~)をはじめ、「スパイシーフレッシュフルーツサワー」との相性もぴったり。

太陽の匂いのするたっぷり野菜のタコスで「カラダがよろこぶひと口」を体験してみてはいかが。

店舗情報
キタデタコス
北出TACOS
電話をかける
電話番号:03-6259-1699
タコス&サワー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:30(L.O.22:00)
日・連休最終日 8:00~21:30(L.O.21:00)
カウンター16席・スタンディングあり

28
ガトーフェスタ ハラダ
〔スクエア ゼロエリア〕

明治34年(1901年)創業の老舗『ガトーフェスタ ハラダ』の常設店が、エキナカに初登場。サクサクとした食感と芳醇なバターの香りが人気の看板商品、ガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」は老若男女問わず、多くの人に親しまれている逸品。

今回の店舗では、土産や贈答品、自家用商品として購入する売場のほかに、イートインスペースを設置。ソフトクリームにガトーラスクを添えた「ソフトクリーム・デ・ロワ」(400円)を楽しめる東京初のお店を展開する。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

そのほかにも、「グーテ・デ・ロワ」をひとつから購入することができ、さらには、数種類あるデザインのバッグ型の箱に詰める画期的なプチギフトも用意。

これまでの『ガトーフェスタ ハラダ』とは、ひと味違った楽しみのある店舗になっている。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ガトーフェスタ ハラダ
ガトーフェスタ ハラダ
電話をかける
電話番号:03-6269-9422
洋菓子
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:00
日・連休最終日 8:00~21:00
テーブル2席・カウンター6席

29
ほんのり屋×marukome
〔スクエア ゼロエリア<改札外>〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

おむすび専門店『ほんのり屋』と、味噌汁の『マルコメ』社がコラボレーションした一軒。

こだわりのおむすびは、「おむすびを通じて、和食文化の素晴らしさを多くの人に伝えたい」という想いのもと、会津産コシヒカリを使用。店内炊飯・店内製造を行っている。

ラインアップも「紀州南高梅」(230円)、「炙りたらこ」(220円)、「鶏ごぼうむすび」(200円)、「北海道日高昆布の佃煮」(200円)、「九州産やまや辛子高菜」(180円)…と、種類も豊富。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

また、『マルコメ』社と共同開発した味噌汁は、味噌をその場でチョイスできる、面白い仕組み。「白みそ」「貝だし」「贅沢鯛だし」「赤だし」「料亭の味」から、好みで選ぼう。

メニューには「ごろっと揚げ茄子のお味噌汁」(250円)などを用意。カウンター8席ながら、イートインスペースも設けているので、小腹が減ったときの軽い食事にもぴったり。

日本の「米」と「味噌」の美味しさを再発見できる東京駅ならではのお店だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
ホンノリヤ マルコメ
ほんのり屋×marukome
電話をかける
電話番号:03-6250-7031
おむすび・味噌汁
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
7:00~22:00
日・連休最終日 7:00~21:00
カウンター8席

30
DEPOT
〔スクエア ゼロエリア<改札外>〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

ノスタルジックな雰囲気が、懐かしくも新しい喫茶バーの『DEPOT(デポ)』。モーニングからディナーまで、さまざまな時間帯で利用可能できる、オールカウンターのお店だ。

おすすめは「東京ナポリタン」。麺には『浅草 開化楼』の低加水パスタ麺を使用。一般的なパスタ麺よりも低い加水率で製麺することにより、従来のものにはなかった弾力と歯切れの良さを実現。

トマトの爽やか香り、炒められた麺の香ばしさ、たっぷりかけたチーズ、極太モチモチ麺を濃厚なトマトソースに絡めていただくと、どこか懐かしく、でも今までのナポリタンとは違う味わいを体験できる。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

そのほかにも「プリン・ア・ラ・モード」(680円)や「シベリア」(500円)といった、レトロかわいいスイーツもラインアップする。

ドリンクは、自家焙煎のオリジナルコーヒーや、昭和初期のオリジナルサーバーから注ぐビールなども用意。DJブースから流れる音楽を聴きながら、ゆっくりした時間を堪能したい。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
デポ
DEPOT
電話をかける
電話番号:03-6551-2411
カフェバー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
7:00~23:00
日・連休最終日 8:00~22:00
カウンター50席・スタンディングあり

31
恋とスパイス 新宿中村屋
〔スクエア ゼロエリア<改札外>〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

約100年前、日本で初めてインドカリーを発売した『新宿中村屋』と、『日本食堂』から数えて約80年の『JR東日本フーズ』がコラボレーションした新スタイルのエキナカ・カリーがオープン。

テーマは「恋」。女性でも気軽に立ち寄れるオシャレな空間と、スパイスにこだわった、今までにない本格カリーを提供する。

おすすめは「恋のチキンカリー」(スタンダード980円/恋盛りトッピング1,380円)。パパド(豆粉せんべい)、ほうれん草ソテー、淡路島産玉ねぎのフライドオニオン、揚げたまご、パクチーをトッピングした、見た目にもスぺシャルなひと品。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

そのほかにも「恋の野菜カリー」(スタンダード1,030円/恋盛りトッピング1,380円)、「恋の豆カリー」(スタンダード930円/恋盛りトッピング1,280円)、「幸せのビーフカリー」(スタンダード1,080円/恋盛りトッピング1,380円)、「幸せのカツカリー」(スタンダード1,080円/恋盛りトッピング1,380円)…と、ラインアップも豊富。

老舗同士がタッグを組んだこだわりのカリー店。インドをルーツに東京で進化した最新の日本カリーを、ぜひご賞味あれ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
コイトスパイス シンジュクナカムラヤ
恋とスパイス 新宿中村屋
電話をかける
電話番号:03-6206-3076
カレー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:00
日・連休最終日 8:00~21:00
テーブル18席・カウンター3席

32
Made in ピエール・エルメ
〔スクエア ゼロエリア〕

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

ピエール・エルメ氏が厳選する「日本の素晴らしいもの」を、東京から世界へ発信するコンセプトショップ。

日本各地の優秀な生産者とコラボレーションした食料品や雑貨を中心にラインアップ。「とちおとめチョコレート」(1,512円)、「オリジナルブレンド米(6合)」(1,620円)、「クランチ 黒ゴマ&きな粉」(1,188円)、「静岡クラウンメロン・ピクルス」(1,350円)などを取りそろえる。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

また、気軽に立ち寄れるカフェスペースでは、販売しているデリ、サンドイッチ、弁当のイートインも可能。「ツマナヨ&柚子胡椒のおにぎり」(EAT IN 330円/TO GO 324円)、「サーモン&チーズのサンドイッチ」(EAT IN 715円/TO GO 702円)…と、種類もさまざま。

もちろん『PIERRE HERMÉ PARIS』のショコラ、焼き菓子ギフトも用意。マカロンには「白味噌&レモン」(EAT IN 324円/TO GO 330円)といった面白い商品もそろえる。東京土産としても喜ばれそうな逸品だ。

8/3『グランスタ東京』がグランドオープン! レストラン&カフェ32店をご紹介

店舗情報
メイド イン ピエール・エルメ
Made in ピエール・エルメ
電話をかける
電話番号:03-6268-0077
グロサリー・カフェ
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅B1 グランスタ東京内
8:00~22:00
日・連休最終日 8:00~21:00
テーブル12席・カウンター4席
更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>