銀座よりも気軽で大人の美食ぞろい! 美味しい街・有楽町で人気のお店10選!

有楽町×美味しい特集

※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に伴う要請により、臨時休業、時短営業等、掲載内容と異なっている場合がございます。お出かけの際は店舗までご確認いただくことをおすすめします

銀座・丸の内・新橋に囲まれた「有楽町」も負けず劣らずの美味しい店ぞろい。
どの駅からも徒歩5分以内と交通の便は文句なし。
銀座よりも、グルメを知る大人が通うエリア。
新しい商業施設には、日本初となる世界の美味しいレストランも集まっています。
では、有楽町で逢いましょう!

世界が認めた美味しい点心をシェフズテーブルで堪能

1
YAUMAY(ヤウメイ)
〔有楽町、二重橋〕

『YAUMAY』の点心

「蝦夷鹿肉のパイ包み」「海老蒸餃子」など、選りすぐりの点心が並ぶ

有楽町駅から歩いて5分ほど、丸の内仲通り沿いに建つ『二重橋スクエア』。ここの2階にあるのが、ロンドンの中華料理店で初めてミシュランの星を獲得した『ハッカサン』や『パーク・シノワ』を手がけた、世界的レストランプロデューサー・ALAN YAU氏による点心レストラン。世界中のグルメたちが注目する一軒だ。

ALAN YAU氏が招聘したのは、海外のレストランでヘッドシェフを務める料理人たち。メニューの豊富さが特徴のひとつでもある中華料理において、選りすぐった点心20品のみに絞り込んだというのも贅沢だ。

『YAUMAY(ヤウメイ)』の中国茶

香り高い中国茶は約20種。専門家からトレーニングを受けているので、お茶の淹れ方ひとつとっても全く違う

大人気の「ヴェニソンパフ」(蝦夷鹿肉のパイ包)をはじめ、きび丸豚を使ったジューシーな「焼売」、見た目にも美しい「大根餡のパイ包み」、ぷりっぷりの海老の食感が楽しい「海老蒸餃子」など、どれもオリジナリティーが光る美味しい逸品。

パリで活躍中の日本人デザイナーによる店内は、オーセンティックでありながらカジュアルさとラグジュアリーさを併せ持つ独特の空間。また、寿司店を思わせる檜一枚板のカウンター席は、シェフの手元がしっかりと見える特等席。

さらに丸の内仲通りを見下ろすテラス席は、イルミネーションがきらめく幻想的なディナータイムを過ごせる。伝統とモダンを融合させた最先端の飲茶を楽しもう。

『YAUMAY(ヤウメイ)』の店内

ラグジュアリーな雰囲気のテーブル席を中心に、全118席と広々とした店内

店舗情報
ヤウメイ
YAUMAY(ヤウメイ)
電話をかける
電話番号:03-6269-9818
点心、飲茶、美味しい/有楽町
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル『二重橋スクエア』2F
東京メトロ千代田線 二重橋前駅 1番出口より徒歩2分
JR各線 有楽町駅より徒歩6分
ディナー:10,000円(ランチ:4,500円)

人気シェフがつくる本格魚介フレンチをさまざまなスタイルで

2
Varmen
〔有楽町、日比谷〕

『Varmen』のピンチョス

色とりどりのピンチョスは200~400円台とお手頃価格

東京ミッドタウン日比谷』内にある魚介フレンチとワインを楽しめるレストラン&バル。代官山の人気フレンチビストロ『Ata』と、新潟のワイナリー『カーブドッチワイナリー』のコラボによる美味しい料理とワインを楽しめる。

エントランスから入るとまず目に入るのは、カラフルなタパスやピンチョス。眺めているだけでもワクワク。ロウバーで、グラスワインとタパスだけでサク飲みも可能。

自慢のシーフード料理は、ヤリイカ、エビ、ムール貝と野菜をアイオリソースでいただく「魚介と彩り野菜のアイオリ」、ぎっしりと身の詰まったオマール海老をまるっと味わう「活オマールのテルミドール」など、どれも絶品。

『Varmen』のカウンター

活気溢れるオープンキッチン。調理風景を見られるのも、美味しさが増すひとつの要因かも

5人以上なら断然コースがお得。魚介と季節野菜を楽しめる「7,000円コースと、豪華な内容の「8,500円コース」の2種あり、それぞれに魅力的なので、とりあえず2回は訪れて食べ比べてみたい。

ワイナリー直送のオリジナルワインは、ボトル8,580円から。掛川シェフが趣味で造ったというスパークリングワインもあるので、ぜひ試してみて。美味しい料理とお酒に、スタッフの気持ちいい接客が加わり、至福の時間を過ごせそう。

『Varmen』のカウンター2

ライブ感のあるカウンター席は人気。スタッフのキメ細やかな心遣いもうれしい

店舗情報
バーマン
Varmen
電話をかける
電話番号:03-6205-7723
シーフードレストラン、バル、美味しい/有楽町、日比谷
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
東京メトロ千代田線・日比谷線・都営地下鉄三田線 日比谷駅直結
東京メトロ有楽町線 有楽町駅より徒歩4分
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・銀座線 銀座駅より徒歩5分
ディナー:5,000~8,000円(ランチ:1,300~2,500円)

香港発“世界一安くて美味しいミシュランレストラン”

3
添好運(Tim Ho Wan) 日比谷店
〔有楽町、日比谷〕

『添好運(Tim Ho Wan) 日比谷店』の飲茶

具材が透けるほど薄皮の餃子、ふっかふかの「マーライコオ」など、きっと誰もが美味しいと思う馴染み深い中華ばかり!

『東京ミッドタウン日比谷』前にある『添好運(ティム・ホー・ワン)』は、美食の都・香港でミシュラン1つ星を獲得した点心専門店。有名ホテルの中華レストランで腕を振るっていたシェフたちが独立し、3つ星レベルの中華・点心をリーズナブルな価格で楽しめるお店として始めた。

点心・一品料理は、単品380円から880円とかなり安い!客単価も2,200円というから、財布を気にせず楽しめる。

メニューは、野菜の炒め物、揚げ点心、焼き点心、蒸し点心、麺・飯類など全28種。すべて本店同様に、オリジナルのレシピで作られている。

『添好運(Tim Ho Wan) 日比谷店』のベイクドパオ

名物の「ベイクド チャーシューパオ」はテイクアウトも可能。てみやげとしても喜ばれそう

名物「ベイクド チャーシューパオ」は、手のひらサイズの小さなメロンパン。サクサクのビスケット生地、ふわふわのバンズの中から、とろっと甘いチャーシューが現れる。

米粉の皮で具材を包んで蒸し、たっぷりの黒酢をかけていただくライスロール「腸粉(チョンファン)」は、「海老と黄ニラ」「チャーシュー」「牛挽肉」の3種を用意。

ほかにも、骨付きのスペアリブがびっしりと乗った「スペアリブの蒸しご飯」や、中華でおなじみ「蓮の葉ちまき」といった食事メニューや、デザートにはちょっと珍しい「ミルクフライ」「キンモクセイとクコの実のゼリー」などもラインアップ。

予約不可なので、行列覚悟で出かけよう。世界が認めた中華を有楽町で思う存分楽しんで。

『添好運(Tim Ho Wan) 日比谷店』の店内

広々とした店内は一面ガラス張りの開放感たっぷり。オープンキッチンなので、厨房の活気が伝わってくる

店舗情報
ティムホーワン ヒビヤテン
添好運(Tim Ho Wan) 日比谷店
電話をかける
電話番号:03-6550-8818
点心、中華、美味しい/有楽町、日比谷
東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ別館1F
東京メトロ日比谷線 日比谷駅より徒歩1分
JR各線 有楽町駅より徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・銀座線 銀座駅より徒歩3分
2,200円

旬の食材と熟練した技で美味しい創作和食に進化

4
春秋 ツギハギ 日比谷
〔日比谷、有楽町〕

春秋 ツギハギ 日比谷

「黒毛和牛 サーロインの炭火焼き」をはじめ、天然塩を振り紀州備長炭で焼き上げる炭火焼は必食。食材に自信があるからこそ、シンプルな調理法で勝負できる

旬の食材と厳選したお酒とともにくつろぎの時間を過ごしてほしいというコンセプトの創作和食『春秋』。伝統的な日本料理の技法を基本としながら、さまざまな要素を取り入れて進化した新和食を提供する。

野菜の美味しさに定評がある『春秋』。生産者から毎朝届くのは、土が付いたままの無農薬野菜。素材そのものの味が濃厚なので、そのままサラダにしたり、素揚げにするなど、シンプルな調理法で味わえる。

ほかにも、全国各地から直接届く鮮魚や肉類から調味料まで、食材へのこだわりは尽きない。

春秋 ツギハギ の野菜料理

野菜を使った料理が人気。スタッフが畑まで足を運んで選ぶ、その時季に一番美味しい野菜ばかり

さらに、調理にはオリジナリティーをプラス。旬の食材がどのように進化するのか、メニューを見ただけでワクワクする。目の前で握ってくれる寿司カウンターもあるので、職人と会話をしながらのごはんも楽しい。

ディナーコースは7,700円から。一番人気の「TSUGIHAGI」(9,900円)は、造り、牛の炭火焼、金目鯛の釜飯など充実の内容。300種以上も揃うワインとともに味わいたい。

一流食材と匠の技から生まれる和食ながら、肩肘はらずにリラックスして楽しめそう。

春秋 ツギハギ の店内

店舗情報
シュンジュウツギハギヒビヤ
春秋 ツギハギ 日比谷
電話をかける
電話番号:03-3595-0511
創作和食、美味しい/有楽町、日比谷
東京都千代田区有楽町1-1-1 日本生命日比谷ビルB1
東京メトロ日比谷線 日比谷駅 A13出口より徒歩1分
都営三田線 日比谷駅 A13出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線 有楽町駅 A13出口より徒歩1分
JR線 有楽町駅 日比谷口より徒歩10分
ディナー:8,000~10,000円(ランチ:1,000~2,000円)

街のフレンチ食堂で非日常の美食時間を過ごす

5
Buvette
〔有楽町、日比谷〕

『Buvette』のメニュー例

盛り付けもオシャレな料理の数々

NYで大人気の“ガストロテック”のパリに次ぐ3号店が東京・日比谷にオープン。朝から夜までさまざまな使い方ができる街のフレンチ食堂といった感じだ。

本店と同じインテリアでまとめた店内は、細部にまでこだわりが詰め込まれたワンダーランドで、足を踏み入れただけでウキウキしてしまう。

メニューは“カジュアルなワインバーと古き良き時代のヨーロッパのカフェの融合”がコンセプト。どこか懐かしいのに、初めて出合う料理がずらりと並ぶ。

ビストロの定番料理「ステーキフリット」や「ブイヤベース」、「ラタトゥイユ」に「キャロットラペ」。平日のランチなら、メイテンデッシュを1つ選び、ミニサラダ、野菜料理、コーヒーが付いて1,150円からととてもリーズナブル。

『Buvette』のメニュー例2

ワインが進むメニューも多いので、気軽に立ち寄りたい

しっかりとディナーをとりたいという人には、コースがおすすめ。『ブヴェット』の代表メニューを詰め込んだ5,500円のコースと、グレードアップした7,700円のコースを用意。充実したワインとともに味わってみたい。

テイクアウトも気軽にOK。「ニース風サラダ」「クロックムッシュ」から「チョコレートムース」「タルトタタン」まで、名店の味をそのままおうちで堪能できる。ホームパーティーにもおすすめの内容。

『Buvette』の店内

フランスの街角にあるようなモダンなインテリア

店舗情報
ブヴェット
Buvette
電話をかける
電話番号:03-6273-3193
ガストロテック、美味しい/有楽町、日比谷
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 1F
東京メトロ日比谷線・千代田線 日比谷駅より徒歩1分
東京メトロ有楽町線 有楽町駅より徒歩4分
JR各線 有楽町駅より徒歩4分
ディナー:5,000~6,000円(ランチ:1,000~2,000円)

できたてのチーズを美しい公園を眺めつつ堪能

6
GOOD CHEESE GOOD PIZZA 日比谷
〔日比谷、有楽町〕

リコッタチーズ

できたての「リコッタチーズ」(715円)は、口にするとほろっと溶け、 まとわりつかず、 後味はさっぱりの味わい。テイクアウトも可能

店内の厨房で作るフレッシュチーズを味わえるピッツァ・ダイニング。東京近郊から届く搾りたての生乳で「モッツァレラチーズ」「ブラータチーズ」「リコッタチーズ」の3種を随時作っているので、いつでもできたての美味しさを気軽に味わえる。

材料はミルクと塩のみ。保存料、添加物は不使用なのもうれしい。まずは、エキストラオリーブオイルはハチミツなどとともに、シンプルにいただこう。

主役のチーズをより美味しく食べるためのメニューのひとつがピッツァ。サクサクとした食感のクリスピーな生地に、たっぷりのフレッシュチーズをトッピング。モッツァレラ、トマトソース、バジリコの「マルゲリータ」や、モッツァレラ、トマトソース、プロシュート、半熟卵の「ビスマルク」などを用意している。

『GOOD CHEESE GOOD PIZZA 日比谷』のピザ

つくりたてモッツァレラ、ラクレット、レラ・ヘ・ミンタル、国産ブルーチーズ、オレガノ、ガーリックの「アルピーノ」(2,860円)

ほとんどの人がオーダーする「STANDARD SET」は、3種のフレッシュチーズ盛り合わせ、サラダ、ピッツァが付いて2,640円とかなりリーズナブル。ボリュームランチやディナーにはこちらがオススメ。

優雅なランチなら、ワインやスパークリングとともに楽しんでは? カクテルやビールのほか、ノンアルコールカクテルも充実しているので、お酒が苦手な人も安心。ミルキーでフレッシュなできたてチーズの美味しさを堪能しよう。

『GOOD CHEESE GOOD PIZZA 日比谷』の店内

燦々と輝く陽光が差し込む開放感たっぷりの店内。大きな窓ガラスの外には公園の豊かな緑が広がる

店舗情報
グッドチーズ グッドピッツァ
GOOD CHEESE GOOD PIZZA 日比谷
電話をかける
電話番号:03-6831-1900
ピッツァ、チーズ料理/有楽町、日比谷
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷2F
東京メトロ日比谷線・千代田線 日比谷駅より徒歩1分
東京メトロ有楽町線 有楽町駅より徒歩4分
JR各線 有楽町駅より徒歩4分
ディナー:3,000〜4,000円(ランチ:1,000〜2,000円)

シカゴで40年以上の歴史を誇るステーキハウスが日本初上陸

7
Morton's The Steakhouse 丸の内
〔有楽町、丸の内〕

『Morton's The Steakhouse 丸の内』のステーキ

「PRIME NEW YORK STRIP(プライムニューヨークステーキ) 16oz(450g) 」15,950円

アメリカ・シカゴで生まれ、世界75店を展開する人気のステーキハウスが日本初上陸!世界のセレブたちを唸らせてきたステーキを東京で味わえる。

アメリカ農務省の格付けで最上級品質と認められた「プライム」グレードの牛肉を21~28日間かけてじっくりと熟成。500度以上のオーブンで一気に焼き上げることで、表面はパリッと、中はしっとりとした仕上がりに。旨味をぎゅっと閉じ込めているので、噛むごとに赤身肉本来のコクが口の中に広がる。

『Morton's The Steakhouse 丸の内』のランチ

ランチの「MORTON’S PRIME BURGER モートンズプライムバーガー」4,200円

看板メニューの「プライム ポーターハウス」(680g/20,900円)は骨ごとカットされたステーキで、霜降りの「NYストリップ」とさっぱりとした「フィレミニョン」をひと皿に盛り合わせた贅沢なステーキ。部位ごとに異なる美味しさを存分に噛み締めたい。

ほかにも、豪快なシーフードの盛り合わせ「冷製モートンズ プライム オーシャンプラッター」や、プライムビーフ100%のパティが主役の「モートンズ プライム バーガー」なども用意。200種以上も揃うワインとともに楽しもう。

高級感あふれる店内は、赤ワイン専用のワインセラーを抜けるとバーカウンターに迎えられ、シックなダイニングや個室のほか、丸の内仲通りに面したテラス席と多彩。大人だけの贅沢な時間を過ごしてみては。

『Morton's The Steakhouse 丸の内』の店内

店舗情報
モートンズ ステーキハウス マルノウチ
Morton's The Steakhouse 丸の内
電話をかける
電話番号:03-6270-3900
アメリカン・ステーキハウス、美味しい/有楽町
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル『二重橋スクエア』2F
東京メトロ千代田線 二重橋前駅 1番出口より徒歩2分
JR各線 有楽町駅より徒歩6分
ディナー:15,000円~(ランチ:4,000円)

名古屋発!絶品ウナギの専門店が東京へ

8
炭焼 うな富士
〔有楽町、日比谷〕

『炭焼 うな富士』の「うなぎ丼」

「うなぎ丼」(4,300円)

『ミシュラン・ビブグルマン』にも掲載された名古屋の人気店『炭焼 うな富士』が東京に初進出。夏場には3時間待ちの行列ができる、名古屋を代表する「うなぎ」の名店だ。

素材は希少な「青うなぎ」を厳選。3Pサイズ(約330グラム)のみを使用。一般的な店舗より3割以上大きく、身の厚さはもちろん、脂や旨味も、まったく別次元のレベルだ。

また肉厚の身を「外はカリ、中はふわトロ」に仕上げるため、1000℃を超す備長炭で「地焼き」。創業以来、継ぎ足している軽やかで深みのあるタレで焼き上げていく。

『炭焼 うな富士』の店内

木造りの落ち着いた上質空間

この店では、うなぎを仰向けにして腹から包丁を入れる「腹開き」で調理。長焼きにした時のふっくらした見た目と、裂いたときに取りだす肝のかたちが崩れにくいところも特徴。

メニューには、定番の「うなぎ丼」(4,300円)や「上うな重」(5,400円)をはじめ、名古屋ならではの「上ひつまぶし」(5,400円)、さらには「長焼き定食」(5,500円)と、ラインアップも豊富。

「すべてにおいて旨いうなぎを食べていただきたい!」という想いの込められた、最高のおもてなしをどうぞ。

『炭焼 うな富士』の外観

白地に大きく「うなぎ」と書かれた暖簾が目印

店舗情報
スミヤキ ウナフジ
炭焼 うな富士
電話をかける
電話番号:03-6457-9688
うなぎ、美味しい/有楽町、日比谷
東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷OKUROJI
JR各線 有楽町駅より徒歩6分
JR各線 新橋駅より徒歩6分


4,000~5,000円

北海道の美味を炉端焼きや様々なアテで堪能

9
酒肴日和 アテニヨル
〔有楽町、日比谷〕

『酒肴日和 アテニヨル』メニュー

目移りしてしまうほどさまざまなアテが並ぶ

2020年9月にオープンしたJR高架下の商業施設『日比谷OKUROJI』。最も新橋寄りにある『酒肴日和 アテニヨル』は、お酒や食事にぴったりの「アテ」を取り揃えるワイン&日本酒バル。「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」といった既成概念にとらわれず、自分だけのマリアージュを楽しめる、新しいスタイルのバルだ。

おすすめは、北海道直送のこだわりの食材をを中心とした炉端焼き。魚介類は「たらば蟹」「ボタン海老」「羅臼産トロほっけ」、肉類は「日高四元豚」「美桜鶏」など、まるで北海道にいるかのような品揃え。焼き場をぐるりと囲むカウンター席で臨場感とともに楽しみたい。

『酒肴日和 アテニヨル』ランチ

ボリューム満点のランチも魅力的

店内は2つのカウンターを中心に「日本酒のゾーン」と「ワインのゾーン」に、大きく区分けされている。日本酒にはSAKE DIPLOMA、ワインにはワインソムリエと、専門スタッフが担当してくれるので、気軽に聞いてみよう。

またランチには「美桜鶏の焼鳥丼(汁・小鉢付き)」や「茨城 越田商店『もの凄い鯖』定食」、昼から美味しいお酒を楽しみたい人には「昼酔いワインセット」と「昼酌日本酒セット」がおすすめ。どちらもアテが5種類ついている。

『酒肴日和 アテニヨル 』外観

JR高架下の商業施設『OKUROJI』の一番奥に位置する

店舗情報
シュコウビヨリ アテニヨル
酒肴日和 アテニヨル
電話をかける
電話番号:03-6807-5637
ワイン&日本酒バル、炉端焼き、美味しい/有楽町
東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷OKUROJI
JR各線 有楽町駅より徒歩6分
JR各線 新橋駅より徒歩6分
ディナー:4,000~5,000円(ランチ:1,000~1,500円 )

ヘルシーで美味しい!まるで現地の屋台にいるかのような陽気さ

10
タイ屋台999(カオカオカオ)
〔有楽町、日比谷〕

『 タイ屋台999』の「ムーガタ」

焼肉+鍋のいいとこ取り!珍しい「ムガータ」

東京にタイの屋台を持ち込んだといっても過言ではない、そんな現地感たっぷりの美味しいタイ料理専門店『タイ屋台999』。都内で6店を展開するが、ここ『日比谷グルメゾン店』は、JRの高架下というちょっと変わった場所にある。ステンレスのテーブルにカラフルなプラスチックの椅子、タイ語の看板や提灯が飾られた店内は、活気にあふれている。

リアルなタイの雰囲気を再現したいと、現地の屋台を何百件も食べ歩いて選んだという料理は、アジア料理好きでも知らなかったという、珍しいものも。

『タイ屋台999』の「生春巻」

生春巻

なかでも現地でも大人気の「ムーガタ」は、タイ東北地方のタイ式焼肉で、専用の鍋で肉を焼き、その肉汁がスープにしたたり落ちたら、野菜や海鮮をしゃぶしゃぶのようにしていただく料理。「和豚もち豚」を焼肉で食べた後、肉の旨味が追加されたヘルシーコラーゲン薬膳スープでホルモンの名店『三百屋』のモツをいただく。なんとも美味で贅沢な鍋。

ほかにも定番の「生春巻き」「たっぷり生ガパオ炒め」「藁焼きガイヤーン」から、「発酵生ソーセージ」まで、既存店最大数のメニューがずらり。どれも1,000円以下なので、あれもこれも食べてみたい。

コースは2.5時間飲み放題付きのコースや、軽めの二次会コースまでバラエティー豊か。『カオカオカオ』名物の「バケツビール」や「ボタニカルサワー」で旅行気分を味わってみては。

『タイ屋台999』の店内

まるで現地の食堂にいるかのうよな臨場感も楽しい

店舗情報
タイヤタイカオカオカオ
タイ屋台999(カオカオカオ)
電話をかける
電話番号:03-6550-9390
タイ屋台料理、美味しい/有楽町、日比谷
東京都千代田区内幸町1-7-22 日比谷グルメゾン
東京メトロ各線 日比谷駅より徒歩6分
JR各線 有楽町駅より徒歩8分
ディナー:3,000~4,000円(ランチ:1,000円)
更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>