morninglogo
morninglogo

東京駅世界一のカフェベーカリーを目指す
「BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)」のクィックモーニング

東京一多くの路線が乗り入れている駅「東京駅」。
新幹線の代表的な停車駅で、言わずと知れた東京の玄関とも言える駅。
そんな東京駅の1階から地下1階に渡って、154店舗ものお店が集結した人気の駅地下商業施設「グランスタ東京」から一店を、今回はレポートしたいと思います!

さすが新幹線の停車駅なので、「グランスタ東京」自体が朝早くから営業していますが、ひときわ群を抜いて評判の高い、八重洲地下中央口改札近くにある、モーニングがいただけるベーカリーカフェが。
それが今回ご紹介する『BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)』です。

駅ナカと言えど、それはそれは広大な敷地。訪れた人であればわかる方も多いはず。そう、とにかく広すぎて迷うんです!

東京駅ならではの新しいスタイルを提案

「BURDIGALA TOKYO」の店内

東京駅構内で朝7時から焼き立てパンが楽しめる『BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)』。
「BURDIGALA」の名前の由来は古代のラテン語で、フランス「ボルドー」地方を意味しているのだそう。

ボルドー地方の類いまれな豊かな食文化を、パンを通じて提案していくという理念のもと誕生した『BURDIGALA』。
コンセプトは「日常生活を少しだけ上質に」
広尾に本店を構え、その優雅な世界観をこの東京駅にも…という思いと、東京駅世界一のベーカリーカフェを目指すという2つの思いから、2020年7月にリニューアルオープン!

「BURDIGALA TOKYO」のイートインスペース

この東京店は3つのエリアで構成されています。

1つ目は、パンのテイクアウトとカフェスペース
イートインスペースではパンもアラジン製のトースターで温めることもできます。

BURDIGALA TOKYO内「BURDIGALA PATISSERIE」

2つ目は、「BURDIGALA PATISSERIE」と名付けれられたギフトコーナー
このエリアはパティシエならではの繊細な焼き菓子ギフトがたくさん並んでいます。

「BURDIGALA TOKYO」の「CAFE TO GO」

そして3つ目は、今回のご紹介するモーニングなどがメインでオーダーできる「CAFE TO GO」エリア。

「CAFE TO GO」というネーミングから、どういうスペースなのかなんとなく想像がついた方もいるかもしれませんが、とにかくさっとスピーディーに対応してくれる画期的なスタイル!

レジで商品を購入し、表示された番号の商品をこの「CAFE TO GO」カウンターでピックアップするセルフサービスシステム。(イートイン用のフードは運んでもらえますよ。)

電車に乗り遅れないように、乗車を控えていて急いている人でも、店内に入らずして素早くモーニングなどが楽しめるコーナーに。
東京駅という場所柄、常に時間を意識したシステムになっているところが、時間を贅沢に優雅に過ごす本店とは違うところ。


これぞ「クィックモーニング」!

「BURDIGALA TOKYO」のモーニングセット

モーニングセットの提供時間は7:00~10:00

モーニングセットの内容は▼
コーヒー(HOT or ICE)+パン(クロワッサンor パン・オ・ショコラ)/400円+税

とにかく素早く、コーヒーやクロワッサンが購入できます。まさに「クィックモーニング」です。

「BURDIGALA TOKYO」のクロワッサン

クロワッサンは、皮が薄くサックサク!歯を入れると思わず「サク」っと軽い音がしっかりとします!そして中はふんわりとした食感。
サクッと×ふわっとで、綺麗に口の中でほどけていく質感。

生地には発酵バターをた~っぷりと使用。それによって、鼻から抜けるバターの香りが実に芳醇です。
食べ終わった後も口の中で余韻が続き、軽いながらもしっかりと存在感のあるクロワッサンです。

「BURDIGALA TOKYO」のコーヒー豆

そんな秀逸なクロワッサンと一緒にいただくモーニングセットのコーヒー。

創業1936年創業の「銀座トリコロール本店」が監修したオリジナルブレンドのコーヒーや、焙煎の異なる2種の豆をミックスしたコーヒーを提供している『BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)』。

オリジナルブレンドは中南米高地産の豆を使用した味わい豊かなコーヒー。

アイスコーヒーは、焙煎の異なる2種類の豆をミックスし、濃く抽出。淹れたてのコーヒーをたっぷりの氷で瞬間的に冷やし、店内で豆を挽き、コーヒーの香り楽しめるように、抽出方法にもこだわりがあるのだそう。

こだわりのクロワッサンとコーヒー。シンプルながらも、朝から満たされた気分に浸れる、なんとも究極のモーニングセットかもしれません。

モーニング以外の東京店限定品にも注目!

ほかにも、「カフェ・オレS(400円)」、「クラフトコーラ(500円)」、砂糖を使わずに、バナナと牛乳で作った「バナナジュース(600円)」などがラインナップ。
モーニングセットではありませんが、こちらも単品売りで注目したいオリジナルのドリンクたち。

「BURDIGALA TOKYO」の「ブルディガラ モンブランブリオッシュ」

モーニングを食べながら、つい気になってしまうのが東京店限定の品々。

特に注目度が抜群なのが、オーダーを受けてから作られる「モンブラン・ブリオッシュ」
目の前で和栗を絞るそのエンターテイメント感とフレッシュ感、両方楽しめる話題のスイーツです。
こだわりのコーヒーと共にいただくと、至福な時間が過ごせそうですね。

「BURDIGALA TOKYO」の「TOKYOカレーパン」

また、この東京店で注目を浴びている人気のパンが「TOKYOカレーパン」

一般的なカレーパンとは全く非なるもの!中にカレーが詰まった…いわゆるあのスタンダードなビジュアルとは180度も異なる不思議な姿です。

まろかやさの中に辛さが効いたバターチキン。そこに合わせているのが、ほんのり酸味の効いたカンパーニュ
それぞれ異なる主張の味だからこそ、一緒にいただくと、抜群のハーモニーを奏でます!

トッピングにはクロテッドクリームがたっぷりと。熱々状態でサーブされるのもポイントですね。
ほかとは一線を画すカレーパンなのは、言うまでもありません!まさにトレンドを牽引するパンのひとつと言えそうですね。

サッとパッと上質なモーニングを

利便性を考えた画期的なモーニングがいただける『BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)』。

上質な商品と空間はそのままで、東京店ならではの「時間を配慮した」オンリーワンな内容。
クィックにいただくなかでも感じられる、至福感。

忙しい中でもちょっと満たされたいモーニングを求めている人におすすめしたい一軒です。
東京駅を訪れる際には、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

※ 緊急事態宣言等の影響により、営業時間や実施メニュー内容が変更となる場合があります。

店舗情報

店名 BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1 GRANSTA TOKYO内
電話番号 03-3211-5677
アクセス ●JR在来線 東京駅より徒歩1分
●JR新幹線 東京駅より徒歩1分
●東京メトロ丸ノ内線 東京駅より徒歩1分
●都営三田線 大手町駅より徒歩5分
●東京メトロ丸ノ内線 大手町駅より徒歩5分
●東京メトロ千代田線 大手町駅より徒歩5分
●東京メトロ東西線 大手町駅より徒歩5分
●東京メトロ半蔵門線 大手町駅より徒歩5分
リンク https://bimi.jorudan.co.jp/shop/101841/
更新

朝活情報

【モーニングとセットで!東京・丸の内エリアの朝活情報】

ランナーの聖地・皇居でモーニング前にランニング

皇居ランニング

東京駅周辺のランニングコースといったら、皇居が直ぐ傍に!
言わずと知れたランナーの聖地。多くのランナーたちが集まる都内屈指の人気ランニングスポットです。

皇居の外周を走るこのコース。一周5kmで、2011年に「走って気持ちがいい」道の第1号として観光庁に認定されているほど、とにかく爽快な気分を朝から味わえます!

緑や池に囲まれ、多くの自然に触れることができ、色んな景色が楽しめるのも魅力。また、赤信号がなく、ノンストップで走れるのも人気の理由です。

皇居ランにおすすめなランナーズステーションも多く東京駅周辺に存在し、ビギナーでも安心して楽しめますよ。

『BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)』でのモーニング前に、自然に触れながら一走りして、爽快感を味わってみてはいかがでしょうか。

東京駅構内で朝からぶらりショッピング

東京駅

東京駅改札内にある、『BURDIGALA TOKYO(ブルディガラトーキョー)』もあるGRANSTA(グランスタ)東京」
東京駅改札の1階から地下1階にわたるショッピングモールで、営業時間は朝8時〜(新型コロナウィルス感染拡大防止策によって、営業時間が短縮されています。詳しい情報は各サイトにてご確認ください)と、朝早くから営業しているのが嬉しいですね。

そのほか東京駅八重洲南口改札内のショッピングストリート「Keiyo Street(ケイヨウストリート)」も朝8時~営業。
京葉線のホームまでの通路にバラエティに富んだショップが並んでいますよ。 スイーツ、デリ、ベーカリー、レストラン、ファッション、雑貨、書籍、コンビニとお土産から雑貨まで揃っていて、朝からプチショッピングも楽しめそうです。

皇居東御苑でモーニング前に散歩

皇居東御苑

皇居東御苑は、江戸城の本丸、二の丸跡を自由に散策できるよう開放された史跡公園です。
開放時間は朝9時~で、月曜日と金曜日以外は無料開放しています。

東京駅の洗練された街を見ながら皇居東御苑で、モーニング前に歴史や景色をじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

※ 公開している情報は、制作時の最新の情報を基に公開しています。
 リアルタイムの内容に関しては、各店舗へ事前にお問い合わせ及びご確認をお願い致します。
※ 情報に誤りがあった場合は、美味案内のお問合せ窓口までお知らせください。
morning(モーニング)は、朝ごはんを通じて、毎日を元気に充実して過ごすための情報を発信。「朝活」特集記事と共に、早起きしてでも行きたい絶品モーニングを楽しめるお店をどんどんご紹介していきます!
Presented by 美味案内
掲載内容は投稿当時の情報です。細心の注意を払って情報を掲載していますが、内容の正確性・最新性・信頼性等について、いかなる保証もするものではありません。ご自身の判断と責任において本ページをご利用ください。