美味しく食べて漁協を支援! 「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>」5/20発売

「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>」


モスバーガーでは「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>」を5/20より数量限定で発売します

■「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>」530円

バンズにグリーンリーフと千切りキャベツ、カリッと揚げた真鯛カツを贅沢に2枚のせ、その上にモスオリジナルのレモンタルタルソースをたっぷりとトッピング。サクサクふわふわの真鯛とソースの相性は抜群で、さっぱりと食べられます。

愛南町で水揚げされた真鯛は、上品な脂のりときめ細やかな身質が特長。
刺身に使われるほどの身が引き締まった真鯛は、店舗で揚げることで、ふわふわの食感に仕上がっています。


「日本の生産地応援バーガー」とは何か?
ひと言でいえば、 新型コロナの影響で出荷量の落ち込む生産者を支援する取り組みです。

『モスフードサービス』では、昨年の新型コロナの拡大以降、出荷量が減少傾向にある産地や生産者への応援を目的に、地方食材を使った商品企画や農家への販売サポートなどに取り組んでいます。その一環として、出荷量が落ち込む愛媛県愛南町で養殖された「真鯛」を使用した商品を開発しました。

愛媛県の最南端に位置する愛南町は、黒潮が流れる太平洋や豊後水道を望む「足摺宇和海国立公園」に面する、風光明媚な場所。漁業が盛んで、鯖や鯵はまき網で、鰹は1本釣りの水揚げ、そのほか鯛をはじめ、ブリ、カンパチ、スズキの養殖も盛んです。新型コロナの影響で、前年比約50%まで出荷量が落ち込むなど、2021年以降の養殖事業にも影響が続きかねない状況となっていました。

まだまだ続くコロナ禍。美味しいバーガーを食べて、生産者を応援しませんか。

販売期間2021年5月20日(木)~ (順次販売終了予定)
販売店舗全国のモスバーガー(一部店舗を除く)
オフィシャルサイトhttps://www.mos.jp/



情報は2021年5月13日現在のものです。

更新

こちらの記事もおすすめ

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>