初の期間限定店が登場! 『ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート』

ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート-main


JR東京駅の八重洲口直結の商業施設『東京一番街』内の『東京ラーメンストリート』。「東京で真っ先に食べたいお店」をコンセプトに、さまざまな人気店を集めた、ラーメン好きが足しげく通う場所です。

2021年7月15日(木)から、なんと25ヶ月にもおよぶ過去最長のプロジェクトがスタートしました。
その名も『ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート』。

ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート


昨今の状況下で、全国の有名店に食べに行きたくても行けないという人が多い中で、
遠出しなくても東京駅に足を運べば、全国の名だたる名店の味を気軽に味わえる、という内容です。

今までは「東京を中心とした名店」が集結していましたが、今回はその枠を超えて全国から、しかも約100日ずつ第1弾~第7弾まで楽しめます

第1弾(7/15~11/4)横浜市・戸塚『支那そばや』が登場。
「ラーメンの鬼」の異名で知られた故・佐野実氏が創業した名店。
壮大なチャレンジの幕開けにふさわしい一店です。

『支那そばや』暖簾
『支那そばや』店内


■「醤油らぁ麺」1,000円

醤油らぁ麺


こだわりポイント
麺:国産小麦「春よ恋」の中でも入手不可能とまで言われている「北海道美瑛産
醤油ダレ:百年を超える蔵元の「天然醸造丸大豆醤油」や「天然醸造丸大豆生揚げ醤油」などをブレンド
スープ:三元豚、金華豚のゲンコツに、ラーメン専用地鶏「山水地鶏」、日本三大地鶏の「名古屋コーチン」、滋賀の希少地鶏「淡海地鶏」の丸鶏とガラなど希少食材を使用し完成までに3日かける

細ストレート麺がスープの旨味をしっかり引き上げます。
トッピングはしっとりとした平牧三元豚バラ肉のチャーシュー、穂先メンマ、海苔。
身体に染み渡る、奥深い味わいの一杯です。

このほか、「名古屋コーチン玉子入り醤油らぁ麺」(1,250円)、「醤油チャーシュー麺(平牧三元豚肩ロース)」(1,350円)、「醤油金華豚チャーシュー麺」(1,700円)をラインアップ。

また、『東京ラーメンストリート』各店では、夏のおすすめラーメンを販売中。期間限定ラーメンもあるので、この機会をお見逃しなく。

■『塩らーめん専門 ひるがお
 「冷たい濃厚塩ラーメン」(1,000円)※1日30食限定、東京ラーメンストリート店限定、8/31まで

■『東京駅 斑鳩
 「海老ビスクまぜそば」(850円)※販売時間:14~18時、なくなり次第終了

冷たい濃厚塩ラーメン
海老ビスクまぜそば


■『六厘舎
 「生七味つけめん」(990円)※なくなり次第終了

■『とんこつらーめん 俺式純
 「サマーカレーとんこつの混ぜそば」(880円)※8/31まで

生七味つけめん
とんこつらーめん 俺式純


■『東京煮干し らーめん玉
 「特製濃厚とろりそば」(1,100円)

■『つじ田 味噌の章
 「味玉辛味噌らーめん」(1,070円)

特製濃厚とろりそば
味玉辛味噌らーめん


■『ソラノイロ・NIPPON
 「冷たい煮干しの潮ラーメン」(980円)

冷たい煮干しの潮ラーメン


ビジネスやショッピングなど、何かと立ち寄りやすい東京駅にある『東京ラーメンストリート』。
期間限定メニューやここにしかないラーメンのために、寄り道してでも通いたくなるはずです。
2年を超える壮大なチャレンジにぜひ参加してみてください。

名称東京ラーメンストリート
住所東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲南口B1
開催期間2021年7月15日(木)~2023年8月31日(木)(予定)
営業時間10:30~23:00(L.O.22:30)
席数20席
URLhttps://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/ramen/


情報は2021年7月15日現在のものです。

更新

こちらの記事もおすすめ

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>