高級フレンチから人気ビストロまで勢揃い! シーンで選ぶ 東京駅・丸の内のフレンチ

高級フレンチから人気ビストロまで勢揃い! シーンで選ぶ 東京駅・丸の内のフレンチ

さまざまな商業施設やオフィスビルが建ち並ぶ東京駅・丸の内エリア。実はフレンチの名店が集まる街でもあります。気軽に立ち寄れるビストロから、高層ビル最上階の高級フレンチまで、味も雰囲気も抜群の実力店が充実。女子会やデートから接待、会食まで、シーンに合わせて選びたいおすすめのフレンチレストランをご紹介します。

プルセル兄弟のセンスを結集させた、感性を刺激されるフレンチ

1
サンス・エ・サヴール
〔東京駅・丸の内〕

「サンス・エ・サヴール」料理イメージ

重厚でクラシカルな王道のフランス料理を独自の感性で再構築し、新風を吹き込んだプルセル兄弟の料理。フレンチの概念にとらわれないさまざまな表現に挑戦している

最年少でミシュランの三つ星を獲得した双子のシェフ、ジャック&ローラン・プルセル兄弟が監修するフレンチレストラン『サンス・エ・サヴール』。

プルセル兄弟が提案するフレンチは“プルセル・キュイジーヌ”と呼ばれる。フランス・ラングドック地方や地中海料理をコンセプトとする料理は、相反する味わいの調味料使いで旨味を増幅させる「シュクレ・サレ」や、陸と海の食材を組み合わせて相乗効果を生み出す「テル・エ・メール(大地と海)」といった手法が特長。

その繊細で軽やかな味わいは伝統的なフランス料理の世界に新風を吹き込み、いまもなお、世界中の食通に注目され続けている。

「サンス・エ・サヴール」料理イメージ

日本ならではの食材もふんだんに使った季節感あふれる味や盛り付けも魅力。細やかなセンスが光る「プルセル・キュイジーヌ」の真髄を五感で堪能したい

そして『丸ビル』の35階というロケーションも、このレストランの大きな魅力。白を基調とした柔らかな雰囲気の店内からは、東京タワーや皇居を始めとする都心の光景を一望。メインダイニングのほか、個室やバーラウンジもあり、記念日や会食など特別なシーンで訪れるのにぴったり。

店名の「Sens & Saveurs (サンス・エ・サヴール)」とは、フランス語で五感の追求を意味する言葉。 景色、インテリア、音楽、会話、そして料理…五感すべてで食事の時間を楽しんでもらいたいという想いが込められている。東京駅エリア屈指の極上フレンチでとっておきのひと時を過ごしたい。

「サンス・エ・サヴール」店内イメージ

都心を一望できるビル高層階からの眺めも見事。メインダイニングのほか、個室やバーラウンジもあり

店舗情報
サンス エ サヴール
サンス・エ・サヴール
電話をかける
電話番号:03-5220-2701
フレンチ
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング35F
JRほか 東京駅 丸の内口より徒歩2分 ※東京駅直結
12,000円~15,000円(ランチ:6,000円~8,000円)

これぞフレンチ!という満足感を得られる丸ビル最上階のレストラン

2
モナリザ 丸の内店
〔東京駅・丸の内〕

「モナリザ 丸の内店」料理イメージ

オリジナルの食器に盛り付けられた繊細で華やかな料理は、特別な日の食事にぴったり

恵比寿に本店を持つ高級フレンチ『レストラン モナリザ』。東京駅エリアのランドマークである『丸ビル』最上階に位置するここ丸の内店では、フレンチの巨匠、ジョエル・ロブション氏の愛弟子でもあるオーナーシェフ・河野透氏の料理を堪能できる。

河野シェフ自らがデザインしたオリジナルの食器で味わうフレンチは、まるでアートのような美しさ。シェフの出身地である宮崎県の食材を始め、厳選した四季折々の旬の素材を使い、伝統的なフレンチに新しい息吹を吹き込んでいる。

吟味された器に盛りつけられた料理には季節の食材やエディブルフラワーがあしらわれ、ナイフを入れるのがためらわれるほど。華やかなプレゼンテーションに心が華やぐこと確実。

「モナリザ 丸の内店」料理イメージ

パイ包みやジビエなど、フレンチの王道メニューも充実。現地フランスの名店で腕を磨き、恵比寿『タイユバン・ロブション』料理長などの経歴を持つ河野シェフのフレンチを堪能したい

さらに特筆すべきは、高層ビルの最上階に位置する店内からの眺め。全面がガラス張りの窓越しには都心の街並みが広がり、非日常的な時間を演出してくれる。乾杯ドリンク付きのディナーコースやアニバーサリー特典付きコースなど、特別な日にぴったりな限定プランも充実。

料理はもちろん、店内からの眺めを含むロケーションまで、すべてが完璧。日没が遅い夏の時季には夕暮れを眺めながらのディナーも可能。特別な日におしゃれして出かけたい、とっておきのフレンチレストラン

「モナリザ 丸の内店」料理イメージ

接待から記念日ディナーまで、あらたまった席や特別な日におすすめのフレンチレストラン。東京駅から地下直結でアクセスできるのも便利

店舗情報
モナリザ マルノウチテン
モナリザ 丸の内店
電話をかける
電話番号:03-3240-5775
フレンチ
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング36F
JRほか 東京駅 丸の内口より徒歩2分 ※東京駅直結
10,000円~12,000円

東京駅直結、名店の味を気軽に楽しめるフレンチレストラン

3
ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京
〔東京駅〕

「ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京」の「オマール海老のブイヤベース」

南仏の代表的な郷土料理といえば「ブイヤベース」。スペシャリテの「オマール海老のブイヤベース」は、魚介の旨味が凝縮した濃厚なスープが絶品

東京駅に隣接する百貨店『大丸東京店』の12階にあり、フレンチの巨匠・ポール・ボキューズ氏の味を気軽に楽しめるレストラン

フランス料理を世界に広めることをライフワークとするポール・ボキューズ氏が、フレンチにより身近に親しんでもらいたいとの想いから、カジュアルなブラッスリーのスタイルを提案。

Bonne Cuisine(おいしい料理)”をコンセプトに、定番のリヨン料理や南フランスをベースにした魚介料理など、上質な素材を用いて確かな技術で仕上げる正統派フレンチを手頃な価格で提供している

「ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京」の「クレーム・ブリュレ」

ポール・ボキューズ氏が現在のスタイルを考案したといわれる「クレーム・ブリュレ」。表面をカリッと焼き上げたカラメルと濃厚なカスタードの相性が絶妙

プリフィクススタイルで楽しめるコースは、ランチ2750円から、ディナー4180円からと、昼・夜ともにリーズナブル。もちろん、アラカルトでのオーダーも可能。スペシャリテの「オマール海老のブイヤベース」や、名物のデザート「クレーム・ブリュレ」はぜひ味わいたい。

南仏をイメージした店内は、赤と白を基調とするモダンなインテリア。天井まである広いガラス窓から日差しが入る明るい空間は、ショッピングや仕事の合間のランチに最適。夜は都心の夜景が広がり、エレガントな雰囲気たっぷりのディナーを演出してくれる。

「ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京」店内イメージ

ボキューズ氏の写真が飾られた店内は、ほどよくカジュアルで落ち着いた雰囲気が魅力。百貨店のレストランフロアにあり、年配の人やフレンチ初心者など幅広い層が訪れやすいロケーション

店舗情報
ブラッスリー ポール ボキューズ ダイマルトウキョウ
ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京
電話をかける
電話番号:03-5218-2211
フレンチ
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店12階
JRほか 東京駅 八重洲北口よりすぐ ※東京駅直結
4,000円~5,000円(ランチ:2,000円~3,000円)

クラシカルな空間で味わう特別感たっぷりのフレンチ

4
Restaurant ROSETTE
〔東京駅・丸の内〕

「Restaurant ROSETTE」料理イメージ

”モダン・クラシック”をテーマとするフレンチは、伝統と独自のスタイルを融合させた新鮮な味わい

重要文化財・明治生命館の地階にあるクラブレストラン『センチュリーコート丸の内』内のフレンチ『Restaurant ROSETTE(レストラン ロゼット)』。

昭和9年に建てられた当時のまま残された柱や壁に、アール・デコ風のデザインが調和したレトロモダンな空間で、新感覚のフレンチを味わえる。

ベルギーの三ツ星店『ブルノー』を始め、ヨーロッパで修業を重ねた鏡智行シェフによる料理は、フランス料理の伝統的な技法を新たに解釈し創造した可憐なフレンチ。季節の素材を駆使して仕立てたひと皿は、思わず息を呑む美しさ。

「Restaurant ROSETTE」料理イメージ

国産の上質な素材にこだわる鏡シェフ。日本の自然の恵みを凝縮したフレンチを味わえる

優れた素材を求めて日本各地の生産地に足を運ぶ「食材探しの旅」をライフワークとする鏡シェフ。「土佐あかうしの藁焼き」「四万十川の天然鮎のコンフィ」など、日本の旬を感じる素材や手法を取り入れたフレンチは軽やかな味わい。ランチ・ディナーとも多彩なプランを揃えているので、季節ごとに登場するさまざまなメニューを堪能できる。

上品な赤を基調とするクラシカルな店内は、鏡を効果的に配した空間が印象的。フロア内にはバーや和食店などが併設され、パブリックスペースと会員専用のメンバーズクラブを備えている。格調高い大人のサロンで優雅なひと時を過ごしたい。

「Restaurant ROSETTE」店内イメージ

赤い絨毯とアーチを描く建物の柱がクラシカルな雰囲気。レトロとモダンが調和した空間は歴史的建造物ならでは

店舗情報
レストラン ロゼット
Restaurant ROSETTE
電話をかける
電話番号:03-3213-1711
フレンチ
東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内 MY PLAZA 明治生命館B1F
東京メトロ千代田線 二重橋前駅より徒歩1分(1番出口直結)
JRほか 東京駅より徒歩5分
JRほか 有楽町駅より徒歩5分
12,000円~15,000円(ランチ:5,000円~6,000円)

パリさながらの定番ビストロ料理と空間が魅力のカジュアルフレンチ

5
BISTRO DOUBLE
〔東京駅・大手町〕

「BISTRO DOUBLE」料理イメージ

ビストロの定番「ステーキフリット」など、パリの食堂で出てきそうなガッツリ系フレンチも用意。気取らずリラックスして味わいたい

大手町駅直結の商業施設『iiyo!!』にある『BISTRO DOUBLE(ビストロ ドゥーブル)』。天井が高い明るくカジュアルな店内は、ビジネス街の真ん中とは思えないアットホームな空間。

メニューはフランスの伝統料理をパリで流行しているスタイルにアレンジしたビストロ料理。「パテ ド カンパーニュ」「牛カイノミのステーキ」といった王道のビストロメニューを洗練させた、ヘルシーでボリューミーなフレンチを味わえる。

「BISTRO DOUBLE」料理イメージ

肉厚なフォアグラやステーキなど、思わずワインが進みそうなビストロ料理が集合

平日のランチは前菜とスープに選べるメイン、デザート、食後のカフェが付いて2750円。女子会には、前菜2種にメイン、パスタなどの料理7品にソフトドリンク飲み放題が付く女性限定の「女子会プラン」が断然お値打ち。ほかにも軽めのコースから、季節限定の「デギュスタシオンコース」までシーンに合わせて選べるプランを多彩に用意している。

店先には開放感抜群のテラス席もあり、赤と白を基調にしたインテリアはパリの街角にあるビストロのよう。エスプリを感じるおしゃれな空間で、リラックスしながら上質なフレンチを楽しみたい。

「BISTRO DOUBLE」店内イメージ

天井が高く解放感ある店内。大手町駅から直結、JR東京駅からも徒歩4分

店舗情報
ビストロ ドゥーブル
BISTRO DOUBLE
電話をかける
電話番号:03-6269-9730
フレンチ
東京都千代田区丸の内1-4-2 丸の内永楽ビルディング1F
東京メトロ半蔵門線、丸ノ内、千代田線 大手町駅 B1番出口直結
JR東京駅 丸の内北口より徒歩4分
4,000円~5,000円(ランチ:2,000円~3,000円)
更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>