コレって、ちょっとイイかも! SDGsな最新グルメ

環境問題、食料問題、フードロス問題…
SDGsな取り組みをグルメの分野からピックアップ!
美味しく、楽しく、まじめに食の未来をお伝えします。

傷リンゴを活用したアップルパイ風味ビール
「アップルシナモンエール」秋冬限定発売!


長野県伊那市の「傷リンゴ」が
「アップルシナモンエール」に
『サンクトガーレン』の「アップルシナモンエール」

長野県伊那市の「傷リンゴ」を活用したビール「アップルシナモンエール」が『サンクトガーレン』から秋冬限定で販売します。

『サンクトガーレン』とは「日本の元祖クラフトビール(地ビール)」といわれる老舗マイクロブルワリー。国際ビール大賞に3年連続最多メダルを獲得、金賞も多数受賞する、日本最老舗地ビール会社です。

『サンクトガーレン』のロゴ

「アップルシナモンエール」に使用している「傷リンゴ」は、風に揺られ枝と擦れて傷や割れ、色や形(サイズ)にバラつきがあるなど、通常品としては売り物にならない果実を買い取ったもの。

台風が直撃した年には、その被害にあった果実も活用しています。

こういった「傷リンゴ」は収穫量全体の3分の1にもなるとのこと。これらを加工品に有効活用することで食品ロス削減につながり『SDGs』の達成にも貢献しています。


リンゴを焼いて、仕込んで、
アップルパイ風味のビールに!
焼きリンゴ

約500個の「傷リンゴ」を厚木市内の製パン店のオーブンで「焼きリンゴ」にするところから「アップルシナモンエール」の製造はスタート。

その様子はビール造りというより、まるでお菓子づくり。1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいきます。

リンゴとパン屋

「アップルシナモンエール」のベースは、軽く焦がした麦芽(モルト)「カラメルモルト」を特徴的に使用した琥珀色のビールです。

このモルトは食べるとカラメルソースのような甘く香ばしい味がします。そしてビールにも同様の風味をもたらします。

その風味と焼きリンゴといった副原料の要素が相まって、アップルパイのような味わいのビールになっていくのです。


ハロウィンバージョンの
「アップルシナモンエール」も
『サンクトガーレン』の「アップルシナモンエール」

1回の仕込みに使用しているのは約500個のリンゴ。1シーズンで2500~3000個のリンゴを使う見込みとのこと。

9月は「つがる」、10月は「ジョナゴールド」「紅玉」「シナノスイート」、11月は「ふじ」…と、季節の移ろいとともに旬の品種を使っています。

『サンクトガーレン』のハロウィン「アップルシナモンエール」

またラベルのリンゴ部分が「ジャック・オー・ランタン」になったハロウィンラベルを10月末まで販売。ハロウィンというと、日本ではカボチャですが、欧米ではリンゴも欠かせないもの。見た目のかわいさはハロウィンのギフトにもぴったり。

アップルパイ風味のビール、ちょっと飲んでみたくなりませんか?

『サンクトガーレン』の「アップルパイ」と「アップルシナモンエール」
商品名アップルシナモンエール(発泡酒)
※このビールには日本の酒税法で認められている以上の量のリンゴを使用しているため表記は「発泡酒」。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。
内容量330ml
希望小売価格506円(税込)
販売場所オンラインショップ、一部百貨店お酒売り場ほか公式サイトに掲載。
発売期間秋冬限定
公式サイトhttps://www.sanktgallenbrewery.com/

情報は2021年9月30日現在のものです。



>>「SDGsな最新グルメ」 バックナンバーTOPへ

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>