和食とフレンチが融合する酒場 炭焼居酒場
IGOR COSY 渋谷本店

10/8オープン!

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

すっかり夕暮れも早くなり、ひんやり冷たい空気が心地よい今日この頃。北風が吹き始めると、恋しくなるのは「美味しい料理」と「美味しいお酒」。

緊急事態宣言も解除され、いよいよ「酒場」の季節の到来です! 気取らない居酒屋料理をいただきながら過ごす時間は「日本人に生まれてよかった」と実感できるひと時です。

今回、ご紹介するお店は、渋谷・円山町に10/8(金)誕生する『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』。場所は『東急百貨店 渋谷・本店』の近く。スタイリッシュな外観が印象的です。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

2020年12月にオープンした『居酒場 IGOR COSY SHINSEN』に続く2号店でありながら、本店として開店します。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

店内には、カウンター13席、テーブル28席を用意。一見すると「バー」のような雰囲気でありながら、居心地の良い上質な空間が広がっています。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

自慢はオープンキッチンの中央にある原始焼きの火鉢。イワシやブリといった旬の魚をじっくりとやさしく火入れ。身はふんわりやわらかく皮目はパリッと焼き上げます。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

コンセプトは「居たくなる酒場」。もともと店名にある「COSY」は「居心地が良い」の意味。日本が大好きなフランス人のIGOR氏が「COSYって日本語で何て言うの?」と質問。「居心地」の言葉の響きから「IGOR COSY(イゴールコージー → イゴコチ)」と名付けたという空想エピソードが元になっています。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

テーマは「長くお店を続ける」こと。「美味しい料理」と「美味しいお酒」を提供することは当たり前。関係する人たち全員が楽しめる店舗づくりを心掛けているという。

実際、畑にもスタッフ全員で出向いているとのこと。そうすることで「今は収穫の時間かな」とか、生産者のことがわかるようになるといいます。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

「たとえば新しい食材が手に入ったとき、“調理方法を生産者に聞きたい”と思っても、これまでは誰がつくったのかもわかりませんでした。でも今は違います」とはディレクションを担当した『株式会社シェルシュ』の代表・丸山智博氏。

MAISON CINQUANTECINQ』『LANTERNE』『AELU』といった人気店を手掛ける人物です。

人と人がつながり、新しいエネルギーが生まれる場=「ここに居たい!」と感じる居酒場を目指しています。


それではレセプションでいただいたメニューとともに、料理の特徴をご紹介していきましょう。

■「だいやめ ソーダ割り(芋/鹿児島)」
■「青鹿毛 水割り(麦/宮崎)」
※「水割り」と「ソーダ割り」はワイングラスで提供します。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

焼酎とのペアリングに力を入れている『IGOR COSY』。本店では本格焼酎のラインアップもさらにバージョンアップ。「若い人たちにも楽しんでもらいたい」と、ストレートやロックはもちろん、数日間寝かせた「前割り」や、農家直送のフレッシュフルーツを使った「本日農家の柑橘サワー」など、焼酎の新しい楽しみ方を提案します。

■「長谷川農園のマッシュルームサラダ 漬けチーズ添え」(850円)

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

農薬・漂白剤不使用の『長谷川農園』のマッシュルームで仕上げるサラダです。独特の歯ごたえや香りを存分に味わえます。

■「名物 雲丹焼売 ライムリーフの香り」(950円)

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

『居酒場 IGOR COSY SHINSEN』でも人気! ライムリーフがふわりと香る焼売です。新鮮な雲丹のコクと旨味が焼売と相性抜群。

■「大海老の原始焼き 自家製アイオリマヨネーズ添え」(580円)

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

塩加減、焼き加減にこだわり、原始焼でじっくり火を入れた大海老。青森産ニンニクが香るアイオリマヨネーズとともにいただきます。

■「宮崎県 黒岩土鶏もも肉のタタキ」(850円)

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

自然の中でストレスフリーに育った宮崎県「黒岩土鶏」。本来の旨味を最大限に味わうにはタタキがおすすめ。九州の甘露醤油や薬味は好みでどうぞ。

■「越後もち豚ロース 燻製西京味噌焼き 農家野菜の炭火焼き添え」(1,500円)

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

西京味噌漬けにした越後もち豚は燻製にしてアンチョビソースで。有機農法で栽培した『Ome farm』の朝どれ野菜と一緒にいただきましょう。

■「アジア風 鶏土鍋ご飯」(1,500円)

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

黒岩土鶏でとった出汁で焚き上げたご飯を、パクチー、フライドオニオン、ナッツ、ライムの4種類の薬味で。特製の黒蜜たれが味わいを引き立てます。


フレンチらしいソースと、和食器の組み合わせが、とってもオシャレな『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』。

日本ならではの伝統を踏まえながらも、フレンチ出身の丸山智博氏ならではのひと味をプラス。多彩なメニューをラインアップしています。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!

想いをこめた食材を届ける生産者、心尽くしの料理を仕立てる調理人、その日店に集まったさまざま個性を持つ来店客、そして季節感を感じられる旬の食材を活かした料理とこだわりのお酒の数々。

シンプルな内装と木のぬくもりが落ち着く空間で、厨房の活気や温度を感じながら、「美味しい料理」と「美味しいお酒」を楽しみましょう。

和食とフレンチが融合する酒場『炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店』オープン!



店名炭焼居酒場 IGOR COSY 渋谷本店(スミヤキイサカバ イゴールコージー シブヤホンテン)
電話03-5456-4420
住所東京都渋谷区円山町1-3 猪鼻ビル1F
営業時間18:00~23:30(L.O.23:00)
定休日無休
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/igorcosy.shibuya/


情報は2021年10月7日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>